自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
19時ごろに、千駄ヶ谷の連盟道場へ。
夏休み中だが、子どもスクールが将棋会館での開催ではなくなったため、
入場制限がかかることは少なくなったとのことです。
IMG_3675_R_20180809213305635.jpg




▲自分 二段×△相手 初段



戦型は、相手の四間飛車に、私の右四間穴熊。
33手目△9四歩に対し、▲9六歩と端を受けた。
持久戦調で一手を争う戦いにはならないことと、端攻めの緩和になると判断した。
結果的に、本譜でも詰みに働いた。
48手目▲5五同角の角銀交換の局面では、居飛車有利に。
60手目は無難に▲4四飛と逃がしたが、観戦者であった男児に感想戦で、
ここで▲9四歩とし、△4六馬なら▲9三角と打って勝勢だと指摘を受けた。
確かにこの順で振り飛車に受けがない。
本譜は、と金をじりじり近づけて勝ったが、
60手目▲9四歩から▲9三角を狙う筋は鋭い。



自宅で、激指14を使って棋譜解析を行っているが、
9年前の第1世代の Core i5 であり、棋譜解析中にCPUの稼働率が100%になってしまい、遅い。
PCの新調を検討している。

最新のCore i5 8400 でPCを買い替えた場合、約7万円コース。

パーツを換装する場合、マザーボードに1万円、CPUの Core i5に2万円、DDR4のメモリに1万円。
マザーボードの換装と、OS・ドライバの更新は自力ではできないため、
ショップに依頼したら作業費が1.8万円かかるとのこと。
これで計5.8万円コース。

費用があまり変わらないため、悩ましいところである。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック