自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
お昼に千駄ヶ谷の連盟道場へ。
IMG_5576_R_20190202171105c3b.jpg

95%くらいの満席率で、ほぼ埋まっていた。
IMG_5581_R_201902021711073ea.jpg




▲自分 二段×△相手 初段


対局相手は小学生低学年くらいの初段の男児。
手合いカードを見ると、6連勝、負け、4連勝で猛烈に勝っている子だった。
戦型は、相手の居飛車に、私の4→3戦法。
角交換直後の15手目に△2二角と打ってきた。
31手目△7三桂に隙ありと見て▲7四歩と打ったが疑問手。
角銀交換になったものの、桂に跳ねられ成桂を作られてしまう。
44手目▲7四桂が疑問手で、形勢を損ない居飛車優勢。
中央に角を据え、58手目▲2五桂と打った手が居飛車玉への詰めろで形勢を戻す。
△5一玉に対し、次に△3八銀と打たれたら自玉に必至がかかるため、
日和って▲3九銀と埋めた手が敗着。
ここは初志貫徹で▲8二角成が詰めろになり△3八銀と打たれても勝ちだった。
上部に銀を捨てられ、自玉に受けがなくなり、負け
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック