自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
第27回 上尾市新春将棋大会
この日は、上尾市新春将棋大会に参加した。
IMG_5611_R.jpg

ここ数年、毎年参加している。今年は雪だった。
IMG_5646_R_20190209184454b80.jpg

準優勝までもらえる盾。
IMG_5612_R.jpg

来賓棋士は、地元上尾出身の金井恒太先生。
IMG_5618_R_2019020918454941e.jpg

上尾市では、キラリ☆あげおPR大使という役職があり、3名2団体が就任している。
IMG_5644_R_2019020918461672e.jpg

金井先生のキラリ☆あげおPR大使就任式も開催されました。
IMG_5626_R_20190209184724ede.jpg

畠山市長よりたすきの授与。
IMG_5631_R_20190209184820388.jpg

晴れて、大使に就任した金井先生。
IMG_5639_R_201902091849000c6.jpg

大会には、約95名が参加。A級(三段以上)、B級(初二段)、C級(級位者)、J級(子ども)の4クラス制。
25分切れ負けでスイス式5局を対局した。
IMG_5643_R_20190209184920231.jpg

希望者には、金井先生の指導対局がありました。
子どもの参加者にはほぼ全員に指導されたとのことで、お疲れ様です!
IMG_5658_R.jpg

B級で出場の渡邊さん。なんだか楽しそう。
IMG_5662_R.jpg


1局目 ▲自分×△相手


戦型は、相手の四間飛車に私の右四間穴熊。
50手目▲5三角が無理筋で、銀損となり劣勢に。
70手目に▲7五歩と突き、急所の桂頭を狙う。
桂を使って金銀を剥がし、一間龍の形を作って、勝ち


2局目 ▲自分×△相手


戦型は、私の石田流に相手の四間飛車で、相振り飛車に。
中盤に角銀交換で優勢になるも、79手目の▲4四銀がうっかりで、馬でとられて逆転されてしまう。
飛車を展開させ馬と交換し、何とか五分に持ち込む。
95手目は▲5一金ではなく、▲5一銀と打たなければならなかった。
相手に金を渡したことがのちに祟る。
105手目は▲3七銀と取らなければならなかったが、▲3七桂と取った手が敗着。
上部を形で縛られ、負け



3局目 ▲自分×△相手


戦型は、私の先手石田流に後手の中飛車で、相振り戦に。
後手が矢倉の構えを見せたので、引き飛車にして銀を繰り出す。
44手目△7五銀で飛車角両取りを食らうが、飛車を切って馬を作る。
一間龍を目指した67手目▲8二金は悪手で、▲2二飛成を角を拾っておくべきだった。
入玉を目指す後手玉を押し戻し、勝ち



4局目 ▲自分×△相手


戦型は、相手の居飛車に、私の石田流。
先日菅井先生の振り穴講座を受講したからには、穴熊を採用してみた。
居飛車が矢倉に組み替える間に、石田流本組みに組んで攻撃態勢を取る。
52手目に▲8六歩と突いて、戸辺流の8筋クイックを仕掛けたが、飛車交換は拒否された。
108手目▲2四銀で上部を押さえ、挟撃して勝ち



5局目 ▲自分×△相手


戦型は、居飛車の矢倉に、私の石田流穴熊。
57手目の▲5七飛打は疑問手で、桂を取られても▲5八飛と引くべきだった。
100手目△3五桂を手抜いて、次の▲5二とが詰めろになると判断。
2枚の桂で詰んで、勝ち

結果、〇×〇〇〇の4勝1敗で、4位だった。
IMG_5659_R_20190209224839842.jpg


大会終了後、恒例の抽選会が開催されました。
IMG_5667_R_201902091852167a1.jpg

同門の飯野女流とのペア揮毫色紙。
IMG_5675_R_20190209185336697.jpg

飯野一門揃い踏み色紙。
IMG_5678_R_20190209185413843.jpg

倍率は10倍くらいだと思いますが、飯野愛先生の色紙が当たりました!
IMG_5672_R_20190209185437b27.jpg

参加賞としていただいた手ぬぐい。
IMG_5686_R_201902091854589b4.jpg

金井先生からの講評。上尾大会は地元の参加者がほとんどで、
アットホームな雰囲気です。来年もまた来ます!
IMG_5683_R.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック