自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
ねこまど将棋教室 カメラ初心者のための撮る将講座
この日は四ツ谷のねこまど将棋教室を訪問し、「カメラ初心者のための撮る将講座」を受講しました。
IMG_1418_R_20200112225431593.jpg

講師は、撮る将第一人者の直江雨続先生。
IMG_7879_R.jpg

レジュメも充実。露出を決める絞り(F値)、シャッタースピード、ISO感度の原理を教わりました。
IMG_7996_R.jpg

先生のカメラ機材。
IMG_7877_R_2020011222582070e.jpg

参加者は9名で、カメラ持ち寄り。
SONY派、Canon派、Nikon派それぞれで、SONYのαユーザーが多かったです。
IMG_7994_R.jpg

マニュアルでは撮らないので、ポートレートモード、スポーツモード、マクロモードでの
設定が勉強になりました。早速撮ってみます。
ぬいぐるみにフォーカスを当てると、背景がボケます。
IMG_7896_R_2020011222573750a.jpg

マクロモードで撮影する練習。
IMG_7936_R.jpg

これは失敗。
IMG_7942_R.jpg

ピントが合いました。
IMG_7943_R.jpg

AFロックのやり方も教わりました。香車だけにピントを合わせます。
被写体を画面の中央以外に配置するときに使います。
こうしないと記録係にピントが合ってしまいます。
IMG_7944_R.jpg

スポーツモードで、動きの速い振り駒を撮る練習。事前にピントを合わせておきます。
IMG_7951_R.jpg

置きピンは難しいです。撮る将は動体は撮らないですし、たぶん大丈夫。
IMG_7989_R_20200112230359f00.jpg

直江先生のおすすめは、TAMRONの50mmの単焦点レンズ。購入しようと思います。
IMG_7916_R_202001122312367c7.jpg

カメラを上達すると、撮る将ライフも楽しいものになります。
直江先生、ありがとうございました!
木村伊兵衛賞を獲ったら個展やるので、みんな来てください!
IMG_7995_R_2020011223070370f.jpg

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック