自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
御徒町戦記
御徒町将棋センターを訪問。稲垣さんが来ていました。
IMG_8416_R.jpg

飛沫防止のため、透明なシートが設置されています。
正面を見ることはないので、全く気にならない。
IMG_8419_R_202006082108432e5.jpg

▲自分 二段×△相手 三段


戦型は、私の先手石田流。俺の石田流が火を噴くゼ!※噴かない時もあります
袖飛車から銀を盛り上げてきた居飛車に対し、浮き飛車に構えたのはよくなかった。
仕掛けどころがなく、振り飛車やや不利に。
46手目△3五銀で、飛車が捕まってしまう。
67手目▲3五桂で、反撃を開始。
76手目△4六同馬が居飛車の敗着で、△9二飛で互角だったようだ。
最終盤寄せがもたついたが、何とか詰ませ切って、勝ち


対局中にマスクをしているため、十分に酸素が回らないためか、息苦しく感じる。
プロ棋士は、私のおよそ1.5倍から2倍程度は読みを入れているだろうから、
もっと息苦しいのではないか?
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック