自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
野島先生 相振り飛車のポイント
昨日訪問した加瀬教室で、
野島先生に相振り飛車のポイントを教えていただいた。
私は先手で▲7五歩と突くので、後手の陣形に応じた攻めの形をうかがった。
IMG_8854_R_20200705192110341.jpg

相手が金無双・美濃囲いの場合
▲6五銀型を作り、飛角銀桂はこのように配置する。
無題

▲石田流×△金無双



▲石田流×△美濃囲い




相手が矢倉の場合
引き飛車にし、飛角銀桂はこのように配置する。
無題2


▲石田流×△矢倉





講義終了後、野島先生に
「どうしたら道場で三段に昇段できるか?」と尋ね、アドバイスをいただいた。

・石田流以外の戦法を覚える必要はない。
・詰め将棋や棋譜並べよりも、「ひとめの手筋」系を勉強した方がいい。

とのことでした。
frDGCemG5kX9EBY8IrbThQ__.jpg

野島先生、ありがとうございました!
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック