自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
11月27日 加瀬教室
この日は本八幡の加瀬教室を訪問しました。

この日の講師は、地元千葉県出身の三枚堂達也七段。
先日、竜王戦の昇級者決定トーナメントで勝利し、来期から1組に昇級です。
おめでとうございます!
IMG_6065.jpg

もう1人の講師は、加瀬門下の新四段・岡部怜央先生。
IMG_6070.jpg

角落ちで教えていただきました。
IMG_6060.jpg



▲自分×△三枚堂達也七段(角落ち)


下手は三間飛車。
50手目に▲7五角と出て、角金交換から飛車交換へ。
58手目▲7七歩は大人しい手で、三枚堂先生の推奨は▲3五歩だった。
70手目の▲7二龍が上手玉への詰めろであり、自分的にはイケそうな感触ではあったが、
プロ的には△2五歩が相当に厳しいとのこと。
90手目▲4三香で上手玉に詰めろだが、△4五桂から一気に詰まされ、負け


感想戦で、中盤の仕掛けを教わりました。
43手目△7五歩に対し、素直に▲同歩と取ったので△7五金と出られてしまった。
▲同歩と取らずに、ここで▲6八角と据えて、△7六歩の取り込みに対して▲6五歩と突く。
△7五金に▲同角と切って本譜と同じ飛車交換の順になるが、
6五に下手の歩が残っており、得だとのこと。

振り飛車は△7五金と5段目に金を進出させないようにし、
相手の手に乗って反発することが大切である。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック