自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
大橋貴洸七段 指導対局
昨日の所司一門記念将棋大会、午後の部はプロ棋士の指導対局会がありました。
IMG_6214_2023060523591751c.jpg

私は、大橋貴洸七段に角落ちで教えていただきました。
IMG_6224_20230605235919207.jpg


▲自分×△大橋貴洸七段(角落ち)


大橋七段の指摘
・90手目に▲4八角と引いたが、ここで▲5三歩はなかったか?
 銀冠の堅さを活かして、角銀交換でもいいくらいの意識で指す。
・駒落ちは上手玉の薄さをとがめて、上手の攻めを通さないように、強い指し方をするべき。

 
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック