自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
新宿戦記
新宿での用事があり、ついでに新宿将棋センターへGO。
短時間の利用でサッと指すには、新宿がいい。
_R000_20120315224943.jpg


二段のシニア男性と手合いがついた。

▲自分×△相手 二段


居飛車の相手に、三間穴熊で対抗。
相手の棒銀に対し、受け間違えてしまい、飛車先を破られ、序盤早々劣勢に陥る。

しかし中盤、相手もうっかりで龍を喪失。
相手は龍を失ったものの、端攻めからの玉頭桂で、見事飛車を奪還。

最終盤、相手の攻めをしのいで、勝ち
_R001_20120315224943.jpg

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
03151_20120315225050.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
視力
 本局は、乱闘。熱闘の局だった。「勝つことは、エライ」ことだと、改めて痛感した将棋だ。信じられないポカが出るのは、夢中に成っている証拠だろう。

 29手目。▲8八角。この手は、勧めない。
 思考力と言うより、視力の範疇の悪手。だだ、▲8八角の棒銀対策は、消極的で物足りない。

 44手目。△8三飛。疑問手。
 こう指してくれるなら、▲4六角も満更では無い。本手は、△9八と▲7三角成△8九飛成▲5八金△9三香だろう。
▲5八金で▲7八銀は、一瞬気持ちがイイが、銀が渡金に近づくので、先の後で、よろしく無い。

 46手目。△7七と。形は良いが…。
 ▲同桂の感触が良く、飛車のカラ成では、面白くなかった。△9八との現金収入だろう。

 52手目。△4五銀。悪手。
 ここは、△8六竜が正解。▲8八飛の勝負手があるも、銀を取らずに△7七竜と指し、▲7八飛△8六竜で、後手良し。今度の▲8八飛は、△7六竜が銀損の上、金当たりでは、龍を作っても、借金塗れだ。

 55手目。▲7三角成。好手。
 ▲8五歩から桂得で、馬を作る切り返しが、軽妙だった。なによりも、△4五銀がカラ振ったのが痛快だ。

 59手目。▲4六歩。感触が悪。
 ▲5八金から、流れが悪過ぎる。要の金を異動して、受けると言う感覚ではなく、相手の銀を引き付けて、迎撃する感じで、受けるべきだったのだ。
 ここでの▲4六歩は、馬の働きを激減させる悪手。本意では無いが、行き掛かり上、▲4六馬と受けるところだろう。後手の立場では、△同竜の根性は無いと見る。

 62手目。△6七銀。ありがたい。
 ここは、△7六馬▲5四歩△9八馬と捌きたい。△6七馬の位置は、攻防共に今ひとつだ。上の変化は、直後にの△5五馬を嫌がったのかもしれないが…。

 68手目。△4六龍。残念な手。
 お歳を召すと、理由無く、ヤってしまうのだ。私も、身に詰まされる。これも、思考の範疇では無く、視力の問題なのかもしれない…が。
 コレで、イケ麺子の飛車・香得に変わった。こういう局面は、攻めではなく、受けて勝って欲しいが、ドウ指すか。

 75手目。▲9二飛。特異の単飛車。
 結果として、後の△1七歩の攻めが見えなかったからと言うわけではなく、この飛車の配置は意味が薄い。次にどんな攻めがあるのか!?。
 ここは、▲4七香と急所の馬を責めたい。△3五馬の回避は、▲3六歩があるので、△6七馬だろうから、そこで『桂は控えて打て』と▲5六桂と装置をする。次の狙いは、▲4四歩であり、△3三銀と受ければ▲6四歩だ。以下、△同歩▲同桂△4二金寄▲6三歩の要領。こうして小者で崩して、飛車を先手で降ろすように組み立てるのが寄せだ。
 それと、自陣に香を置くのは、攻防共に有効打(理想は、『下段の香に力有り』の▲4九香だが)になる事が多いので、この感触を確かめて欲しい。

 80手目。△2六桂。お見事。
 下手の心理を衝いて、△1七歩からの追撃は参考に成った。しかし、まだ桂香得とイケ麺子みは、利が残っている。

 86手目。△3五馬。味の悪い手。
 馬を取れば、自陣の守りを薄くして、▲3八金も浮くので、逃げる必要が無かった。祖に身で、イケ麺子の▲4八香は、▲4八歩だったかもしれない。香は、▲3九香。若しくは▲2六香に残したい。

 87手目。▲5一銀。こういう筋は、生まれ て初めて見た。
歩も、桂も沢山あるのだから、何とか安い駒の活用場所を考えたいが、その前に私なら、▲3六歩と馬取りに突き出す。その意味は、馬筋が遠く自陣に利くからだ。
 
 104手目。△2四銀。敗着級。
 ここは、△3三玉が、良く出る終盤の定跡。飛車筋を躱し、玉で△3四歩を防ぐ、詰めろ逃れの詰めろだ。そんなに難しい手では無いと思うが…。

 矢張り、攻め合い志向が、波乱を読んだ。金持ちケンカせず。この思想で、楽勝すべき将棋だった。しかし、双方死力を尽くした、無我夢中の熱局だった。
2012/03/17(土) 20:31:17 | URL | 暢 志忘 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック