自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
4月11日 将棋部練習会
4月11日の将棋部練習会。
参加者は、オギー、河野さん、今場さん、山下さん、崎浦さん、田方さん、私の7名。
_R001_20120411235248.jpg


▲自分×△今場さん


先手の私が居飛車を明示したら、後手の今場さんも居飛車で相居飛車に。横歩取りから、乱戦になる。
22手目の▲8二飛成が悪手で、以降、ずっと後手優勢に。84手目に詰まされ、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
04121_20120412001705.jpg



▲自分×△オギー


2局目も相居飛車に。
今日対局が行われている、名人戦第1局で、先手の森内名人が相居飛車で穴熊にしていた
(矢倉から穴熊に組み替え)していたのを見て、居飛車を相手に穴熊にしてみる。
中盤まで優勢だったものの、再三決め手を逃し、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
04121_20120412004116.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
オギー弱
今年の社団も4勝できないかも
勉強方法が悪いのか才能がないのか

北陸さんどうなんですか
2012/04/12(木) 08:08:08 | URL | コデ研歯歯ン #- [ 編集 ]
ヒドイ><
呼ばれて飛び出てポポポポ~ン

最近の棋譜が雑で酷すぎて萎えるのですが……(載せる意味あるのってレベル)

一局目
地に足がついていない。惰性で駒を進めてる感じ。「指している」のではなく「置いている」だけ。練習とはいえ、ちゃんと指さないとバチがあたりますよ。怒られても仕方ないレベル。

二局目
110手目付近から二人がかりで先手玉を詰ましに行ってる気が…というか9九玉に8八角で詰んでるし。

トータルすると、指し手がちょっと感情に左右されてる気がします。(優勢時→雑に、不利時→慌ててる他、動揺や悲観が露呈してます)

例えば二局目の中盤、3七角の局面。
6四歩はなかなか幸便に思えたのですが
4四銀に対し6三銀は明らかに重い。
この三手から思考を逆算すると

飛車を取りたい
↓(何故か)
相手陣は飛車に弱い且つ自陣は飛車取り

敵飛車のみに注目

と読み取れてしまいます
(真意は異なっているかもしれませんが)

飛車を取るための6四歩だったのなら
マグレの好手としか言いようがない。

実際には
●敵陣は薄い
●飛車はひも付き

なので、飛車取りを気にせず
上から押さえつけていけばいいのかなと。
(例. 6三銀に代えて6三歩成同金4四馬で、次の4三銀が受けにくいような……)

追伸
CODE研先生
単純に将棋に費やす時間が少ないのではないでしょうか。
あとは環境とか近未来の目標とかモチベーションの維持とか。
そう考えると、上達の妨げになる要因は
山ほど溢れかえっているのに
上達のために効果的なことは極端に少ないですね。もっとも、効果的な方法があったとすれば誰でもタイトルとれてしまいますから当然といえば当然ですが。

それこそ断捨離イズムが大事なのかな。
研究も対局中の読みも。
2012/04/12(木) 10:08:30 | URL | 北陸の住人 #- [ 編集 ]
コデ研歯歯ンさん、北陸さん、コメントありがとうございます。
この2局は我ながらヒドい将棋でした(>_<)

2人とも、振り飛車党なのに居飛車にしてきて、相居飛車になりました。
1局目は普段指さない相居飛車で、まさに地に足が着かず、圧敗しました。


さて、オギーとの2局目。この将棋は15分30秒で指していました。

52手目の△3七角は飛車取りですが、飛車には銀のヒモがあるので、気になりませんでした。

57手目の▲6四歩は、△同金ならせ5三銀があり、取りづらいので打ちました。
この辺はまだ持ち時間が4分ほどあったので、余裕を持って指せました。

「飛車を取りたい」という意識はあまり無くて、
後手陣が飛車の打ち込みに弱いということも気づいていませんでした。

あまり時間を使わずに打った(優勢と思い雑になっていた)59手目の▲6三銀は、重い手。
崎浦さんも交えた感想戦では、ここは▲6三歩成、△同金、▲4四角成でした。
この辺が要所なので、ここで時間を使いしっかり読んで、優勢を築くべきでした。


「感情に左右されてる気がする」
「優勢時→雑に、不利時→慌ててる他、動揺や悲観が露呈している」
は当たっていると思います。

ここ3局(河野さん、金子さん、オギー)は、優勢からの逆転負けの将棋で、
優勢時に楽観して、手が雑になっているのでしょう。

90手目以降は持ち時間を消費し、差し手が乱れました。
2012/04/12(木) 23:50:26 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック