自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
傾向と対策会議
職団戦も終わったので、目先にとらわれず、腰をすえて勉強し、実力養成をはかりたい。

愛用している激指に、「棋譜集解析」という機能がある。
複数の棋譜データをまとめて解析し、傾向と棋風を分析するという機能だ。

早速、最近の天下一将棋会2での棋譜57局分を解析させたところ、下記の結果が出た。

05032_20120503023302.jpg

結果は明白で、
・後手三間飛車で、負けがこんでいる
ということだ。

相手が居飛車だった際の、対策を強化しなければならない。

矢倉?四間飛車?ゴキゲン?

さて、何がよいだろうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
不具合
最近棋譜が見れないです
FireFox × Chrome × IE ○

IEで見れば問題ないですが、とりあえずご報告
2012/05/03(木) 09:33:50 | URL | 通りすがり #- [ 編集 ]
久しぶりの長文を書いていたのですが消えてしまいましたので一言。
対抗形ならゴキ中が良いと思います!

2012/05/03(木) 20:22:50 | URL | おぎ #- [ 編集 ]
一手の差
なんだか、受験問題のように考えているのが私たちの世代とは違いますねえ。ここまでデータが出るんだ。自分でも代替理解しているつもりでしたが……。
でも的を射ているかも。野球も経営学が支配する時代ですから。
さて、後手三間が勝率悪いのはなんででしょう。急戦には一手遅れ。対居飛穴にはも一手遅れで主導権を握れず、ということなんだと思います。どこかで一手手得するか、一手省略して違う対応を考えるか。
池さんも高等な域に来ましたね。
またお会いしましょう。

プロの先生が先後の差、一手の差の図りない遠さを語るのも感覚的に分かってきたでしょう?
2012/05/03(木) 23:33:28 | URL | コバケン #- [ 編集 ]
>通りすがりさん

修正を施し、見れるようにしました。
ご報告ありがとうございました。

>オギー
今度ぜひ長文を聞かせてください。
小寺さんは、「ゴキゲンはいけるいの棋風に合わない」と言っていました。
2012/05/04(金) 14:44:05 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック