自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
御徒町戦記
棋友のオギーを誘い、御徒町将棋センターへ。
オギーは、御徒町は初訪問。三段の認定が目標という。

1局目は、二段氏と対局。
_R001_20120514233041.jpg

2局目は、二段氏と対局。
_R000_20120515013135.jpg

3局目は、四段氏と対局。
_R024_20120514233858.jpg

4局目は、三段氏と対局。
_R028_20120515000252.jpg

奥がオギー玉。この後、端を攻められ、負けたという。
この日は1勝3敗で、三段の認定をもらっていた。温情措置?
_R027_20120514233655.jpg



私も、この日は4局指し、1勝3敗だった。

▲自分×△相手三段


相穴熊の将棋。銀得するも、と金を作られ、振り飛車有利の模様。この後、負け


▲自分×△相手二段


振り穴を目指すも、角と桂で端を強襲され、、負け



帰りに、ガード下の居酒屋『金魚』で、打ち上げをして帰路につく。モツ串煮が美味だった。
_R033_20120514233105.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
おつかれさまです。
こんばんは
この日は「いけるいさん」は指されなかったのですか?
2012/05/15(火) 00:11:26 | URL | たくちゃん #- [ 編集 ]
お疲れさまでした!
次からはレーティング戦を頑張ります!
2012/05/15(火) 00:17:32 | URL | おぎ #- [ 編集 ]
こんばんは

私も指しましたが、負けが込みました。

苦手の力戦形が多かったです。

ここの道場は、さすがに強い人が多いです。
2012/05/15(火) 00:52:22 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
御徒町は行ったことありませんが、強豪揃いの印象です。

三段氏との将棋ですが、
開始の△5五銀の局面で、駒の損得はありませんが、駒の働きの差で
少し相手が良さそうです。
2手目の▲5六歩ですが、疑問だと思います。

穴熊戦ではと金でどれだけ攻めれるかが1つのポイントです。
特に相穴熊戦では、と金攻めが威力を発揮します。

そういう意味で、自分だけ歩を自陣に打つのは、損な場合が多いです。
9手目の△5五角の局面で、銀得ですが、と金を作られて駒得を
取り返される手が見えており、
飛角の働きも相手が勝っているので、勝てなかったのもうなづけます。
2手目の局面では強く▲5四歩と指したいです。
▲5四歩以下の進行例は△5六歩▲6八銀△5一飛▲3七桂△5四飛▲4五桂△4四角▲4二角成・・・
多少形勢は苦しい気はしますが、
本譜よりはアヤがあると思います。

二段氏との将棋ですが、
21手目の▲4八銀はどういう意図でしょうか!?
▲1八香を指した以上、穴熊を目指すべきと思います。
この場合△1三桂で相手が端攻め
を明確にしているので穴熊にしずらかったのかもしれませんが、
穴熊にしたからすぐにつぶされることはなかったと思います。
むしろこの形の方が端攻めに弱いので、端攻めされ易くなっています。
私なら、14手目の△3一角を見た時点で穴熊にはしないと思います。
普通の美濃囲いにすると思います。
△5三角~端狙いが見えているので、穴熊にしずらい面があります。





2012/05/15(火) 08:00:40 | URL | T #L95l6OL. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。


>2手目の▲5六歩ですが、疑問だと思います。
>穴熊戦ではと金でどれだけ攻めれるかが1つのポイントです。
>特に相穴熊戦では、と金攻めが威力を発揮します


これは大事ですね。安易に歩を使わず、
垂れ歩・底歩用に取っておく(その筋の歩を切らしておく)方がよかったですね。

>2手目の局面では強く▲5四歩と指したいです。
>▲5四歩以下の進行例は△5六歩▲6八銀△5一飛▲3七桂
>△5四飛▲4五桂△4四角▲4二角成・・


▲3六歩と突いたからには、桂を活用するべきでした。
この進行は、居飛車もだいぶん指せると思います。



>21手目の▲4八銀はどういう意図でしょうか!?
>▲1八香を指した以上、穴熊を目指すべきと思います


この将棋は、端を攻められるのはミエミエであるため、
穴熊を中途放棄しました(結果つぶれました)。

14手目△3一角では、「引き角かな?」と思いましたが、端狙いでした。
ここで穴熊をやめておくべきでした。
2012/05/15(火) 08:19:27 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック