自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
御徒町戦記
家人と、根津の『釜竹(かまちく)』を訪問。
_R000_20120819202603.jpg

ここはうどんの名店で、釜揚げうどんが美味。
_R006_20120819192930.jpg

その後、御徒町将棋センターへ。
_R009_20120819193006.jpg

▲自分 二段×△相手 三段


戦型は、私の三間飛車に、相手の居飛車急戦。香上がりの隙を衝かれ、飛角交換となる。
たまたま相手の龍を素抜くことができ、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
08191_20120819201639.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
先日はバッタリお会いして、びっくりしました。(^_^;)
今度はお手合わせお願いしますね。
2012/08/20(月) 19:55:16 | URL | たかはし #- [ 編集 ]
先日はどうもでした。
対局楽しみにしています。
2012/08/21(火) 01:41:53 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
既っ怪
 久々に機械に異を唱えるが、47手目の▲8八歩のコメントで、▲7五歩ならで「まだまだ」のイメージを醸し出していたが、本当にソウだろうか?。
 ▲8九飛成△6八金▲6六歩(次の▲6七歩成で終わり)△同銀▲6七歩で、▲同金は飛車が只。▲7四歩△6七歩成でも金得。この変化を覆す手順あるのだろうかは…。
 何時もいうが、自分の読みを信じて、指してを高めてほしいというのが、私の想いだ。
 さて、本局は急戦の将棋となった。どうも、序盤がイケ無い。その対策は、自分で考察してもらうとして、中・終盤を見て行こう。

 54手目。△9八龍。当然の一着≧緩手。
 優勢の将棋というのは、こういう手で案外、紛れる事がある。実は、本譜でも悪くは無い。しかし、もう一策は、▲5八飛成△同金▲5五歩も読んだ上で、指し手を選択した欲しいものだ。
 この変化は、飛車を渡すが、金桂を取っているプラス。角を遊ばせているプラス。銀獲りの先手のプラスがある。
 私なら、どの手を選ぶか!?。「次の3手」を考慮に入れて、△9八龍を選ぶぶ!!。

 56手目。△8九飛。緩手。
 この手は、間を持たせ過ぎた。ここは素直に、△5七桂成だった。▲同金に、ここは迷う。棋風も影響する局面と考える。
 攻めの棋風なら、△4八銀▲同金△同竜▲3九銀(角)を読む。受けの棋風なら、取った銀を、△2二銀と馬取りに置く。居飛車の押さえ込みの感覚だ。

 60手目。△6九飛成。疑問手。
 「中合い」という手筋がある。ここは、この手の登場の場面だった。△6七歩が中合い。▲同角△7九飛成。飛車取りを脱出しながら、△4七香の上手い処理が無い。
 だから、▲4七角と香を取るが、△6八歩成▲5六角△6九飛成で、香車は取られたが、渡金を作って、金に当たっているので、まあまあの変化だった。
 香車を取られたのは、恐らくポカだろうが、冷静になれば、形勢が悪くない限り、善後策は存在するものだ。
 「シマッタ」と思って、直ぐに指すから、『悪手が、悪手を呼ぶ』のだ。

 63手目。▲3六香(▲1四角も)。ペケ。
 駒割は、ザックリ飛車角交換だが、筋違い角と龍の差で、先手が苦戦。「銀を取らせる間に、玉を攻める」という想いは受け止めるが、取られた銀で凌がれては、元も子もない。
 ここは、早く形勢を縮めたい焦りを押さえて、一旦は▲6八歩と我慢したかった。通常、こうした場合、△6七歩とされると、先の▲6八歩が無効に成るとしたモノだが、本局の場合▲同金が龍取りに成るのと、後手の持ち駒が歩と桂なので、耐えている感じだ。
 また、悔やんだ▲1四角だが、▲2六香との合わせ技の含みと観るが、この展開は、右翼から左翼に追う展開が予想され、玉を捉え切れない感じがする。
 イメージとしては、▲5四歩を拠点に、▲1一馬と挟撃体勢に持ち込みたいのだ。

 最後は、相手が受けミスをして、一手バッタリで終了となったのは、如何にも残念だった。
 イケ麺子が、睨んだとおり、△6六竜と銀を取らせた手が、先手に取っては好位置で、王手飛車の含みがあって、後手を誤らせたのだった。
 終盤の手筋としては、79手目の▲6三歩に対して、△同銀と応じるのではなく、△4六龍(△6九龍と再突入するのは、詰まらない感じ!?)と馬の利きから龍を退避させ、▲6二歩成△同玉と銀損ながらも、手順に角のラインを避ける手順も、「終盤は、駒得よりも速度」の別ヴージョンとして、心得て良い手順だろう。
 今までは、「王手で、玉の守りの金銀を剥がされるのは、在り得ない」と力説してきたが、御徒歩町の弐段なのだから、新たな階段を登っても良いだろう。


2012/08/21(火) 22:15:55 | URL | 暢 志忘 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック