自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
新宿戦記 ~見た目は四段~
この日は、出先の新宿で仕事が終わった。久々に、新宿将棋センターへ。
_R001_20120918234931.jpg

翁たちは将棋は指さず、お酒を飲みながら尖閣問題を扱うニュースを見ていた。
ある翁に、「お兄ちゃん、何段なの?」と聞かれ、
「二段ッスけど」と応えると、
「そ~か~、見た目は、四段くらいに見えるけどなぁ」と言われた。哀。


▲自分 二段×△相手 三段


戦型は、相手の四間飛車に、私の居飛穴熊。藤井システム風に、コビンを攻められる。
必敗だったが、相手玉がトン死し、勝ち
激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
09191_20120919002444.jpg


▲自分 二段×△相手 二段


戦型は、相手の居飛穴に、私の石田流。飛角がさばけて優勢だったが、接近したと金を軽視。
玉頭桂で即詰みを食らい、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
09192.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
ざっとですが・・・
棋譜拝見いたしました。

1局目65歩早仕掛けの対策(この手法は
やってくる人が多いと思われるので)を確認されたほうが良いと思います。
2局目は終盤における速度計算。
特に受けと攻めのバランスがポイントだと思います。
棋譜を拝見しているといけるいさんは攻め将棋とお見受けいたしますが、クラスがあがってくると攻めだけではなかなか勝利に結びつかなくなってくるようです。(強い人は攻めは勿論ですが受けが確りしている人が殆どです)
上記簡単ですが・・・
頑張ってください!
2012/09/19(水) 12:14:14 | URL | たくちゃん #- [ 編集 ]
棋譜の将棋についてコメントします。

1局目。

33手目の局面。

△6五歩の応手ですが、▲4八飛は
相手の4筋攻めをただ受けただけで5七の両取り筋があるので疑問だったと思います。
第一の候補手は激指推奨の▲6五同歩です。
△6五歩の仕掛け自体が少し無理気味です。
▲6五歩以下、△6五桂▲3三角成△同銀▲6六銀の展開は
6五桂が負担になりそうなので、
私は居飛車持ちです。

第二候補手は▲6八飛です。
これは4筋はある程度受け流して
6筋から反撃しようとする指し方。
▲6八飛以下、△6六歩なら▲同角△同角▲同金が進行例。
△8五桂なら、▲8六角△6六歩▲同銀が進行例。
この場合、振り飛車の3二銀が取り残されているのが居飛車側のポイントです。

いずれの展開も3二の銀が働きづらく振り飛車の玉形が薄いので、△6五歩は無理気味との私の見解です。
通常は最低でも△6三金を入れてから仕掛けるのが本筋だと思います。

2局目。

53手目の局面。

ここで▲5三龍と飛車と金の取り合いですが、冷静に▲同金と取っておく手も有力でした。
以下、△6六飛からしばらく相手の攻めを受ける展開が予想されますが、相手の攻め駒が持駒の角銀と
3三角ぐらいなので、余せる可能性が高かったと思います。

57手目の局面。

▲3三角成は△同金と手順に固められたので疑問だったと思います。
ここでは、一応駒得なので▲4五歩と手を戻しておく方が本筋だと思います。
以下、相手の攻めをしばらく受ける展開になると思います。
相手は穴熊なので単純な攻め合いではなかなか勝てません。

全体的には、攻め急ぎ過ぎを感じます。
冷静に相手の攻めを見切って受ける将棋も覚えないと、
このクラスから上の相手には厳しいでしょう。








2012/09/19(水) 13:44:42 | URL | T #L95l6OL. [ 編集 ]
はじめまして!
自分も新宿行ってますよ!
千駄ヶ谷より深い味があって気に行ってます。
自分は三段。
今度、指したいですね!
2012/09/21(金) 18:16:03 | URL | 相沢 #- [ 編集 ]
>相沢さん

はじめまして!

自分は、新宿はたまにしか行きません。
お会いした際は、ぜひお手合わせお願いします。

もしくは、我々は毎週水曜に新橋で練習会をやっておりますので、
よかったらぜひお越しください。
2012/09/22(土) 00:18:54 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック