自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
2012年 社団戦 団体個人戦
今日は、2012年度社団戦の団体個人戦。雨天。レートの近い相手と、4局を指す。
_R000_20120923171539.jpg

第1局開始前のオギーと今井さん。この時点では、余裕の表情。
_R001_20120923171622.jpg

佐々木さん。3勝1敗で、今日のMVP。
_R000_20120923171941.jpg

オギーは、2勝2敗。
_R001_20120923171954.jpg

ウディは、1勝3敗。2局目に、「幹事さん、勝ちました」事件が起こる。
_R000_20120923172311.jpg

河野さんも、2勝2敗。
_R001_20120923172311.jpg

私は3連敗の後、藤原氏(谷中タートルズ)との対局になった。
_R010_20120923172655.jpg

▲自分×△藤原さん


戦型は、藤原さんの三間飛車に、私の居飛穴。
持ち駒の金を投入し、穴熊を固めたら、攻め手がなくなってしまう。
終盤、私の持ち時間が切れ、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
09236.jpg


最後に皆で、記念撮影。
_R018_20120923172654.jpg

スポンサーサイト
コメント
コメント
お疲れ様でした。
>池田さん
今日は、お疲れ様でした。残念な結果に終わってしまいましたが、来月の団体戦(最終日)頑張って下さい。
2012/09/23(日) 20:44:12 | URL | なべなべ #IA13uPUg [ 編集 ]
敵の打ちたい所へ打て
棋譜の将棋についてコメントします。

46手目の局面。

この局面までは再三▲5六銀と活用するチャンスを逃しています。
この4七銀型は非常に銀が遊びやすいので
▲1六歩や▲3六歩よりも優先して
指すべきでした。
ちなみに▲3七桂~▲4五歩の構想は対四間飛車が普通だと思います。
私なら▲1六歩、▲3六歩を指さずに▲5六銀~▲4五歩の攻撃筋を狙いたいところでした。

さて、ここで本譜は▲4四歩でしたが△4二飛で大したことありませんでした。
▲4四歩に代わり、相手の狙いをいなす手筋がありました。
相手の狙いは△7六歩です。
なので“敵の打ちたいところへ打て"の格言通り▲7六歩と指したいです。
もし△6七歩成なら▲同金で銀をバックするしかないので、
恐らく△同銀ですが▲6六角で嫌味が消えます。
以下△6五銀なら▲4四角がピッタリした手になります。

48手目の▲3七桂でも▲7六歩はありました。
尚、ここで▲6六歩が良かったとコメントされていますが、角の効きが止まり
△7六歩で角を追いやられる手が残り、効かされ形なので
▲6六同歩は指したくない手です。

本譜は△7六歩以降、この拠点が残った上、駒損で良くありませんでした。



2012/09/24(月) 13:59:05 | URL | T #L95l6OL. [ 編集 ]
一方的な将棋でしたね。
お疲れ様です。
序盤の構想にやや無理があったのでは
と感じています。
別の方が指摘しておられた47銀型の構想もそうですが、序盤はやや守りに偏った指し方をされていたのではないかと思います。
時間が無い将棋では仕方ないのかもしれませんが…
2012/09/24(月) 23:33:42 | URL | たくちゃん #- [ 編集 ]
お疲れ様でした。
 なかなか同レベルのレーティングとはいえ、個人戦も厳しかったです。
 最終戦に向けて、みんなで頑張っていこうと思いました。

 では、また、来月に。
2012/09/25(火) 00:31:58 | URL | 河野水軍 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック