自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
柏将棋センター
3連休の初日。千葉県の『柏将棋センター』に遠征した。
_R000_20121006191424.jpg

シニアのお客さんを中心に、ほぼ満席だった。
_R003_20121006191607.jpg

初段で申請し、3局対局した。

1局目 ▲自分 初段×△相手 四段(角落ち)
_R001_20121006191709.jpg

1局目の相手は四段で、相手の角落ちだった。
戦型は、私の三間飛車に、相手の袖飛車。▲4二金として、勝ち


2局目 ▲自分 初段×△相手 初段


初段の男児と対局。戦型は、私の三間飛車に対し、相手の居飛車急戦。
角頭を破られ、押さえ込まれてしまう。
69手目に、詰めろ飛車取りの大技をかけに行くが、自玉にも詰めろをかけられてしまい、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
100622.jpg



3局目 ▲自分 初段×△相手 三段(香落ち)


戦型は、相手の四間飛車に、私の右四間穴熊。
暴発しないよう、じっくり寄せて、勝ち

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
100612.jpg

東京への帰路、途中で人形町の『咲村』に寄った。
小寺研のメンバーが対局をしていた。
_R005_20121006205936.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
棋譜拝見いたしました。
2局目惜しかったですね。
45手目▲7五金のところで▲5四歩とつけばかなり難しかったと思います。
55手目▲7三歩成のところで▲9七飛と逃げておけばまだ難しかったと思います。
61手目▲6四銀のところは歩で十分かと思います。
65手目▲同金ですがこの手は悪手だと思います。▲2六角と一回逃げておいたほうが良かったと思います。

3局目ですが、64手目▲6六馬のところでは▲同馬の方が勝ちが速かったと思います。(△5二銀がないので・・・)
69手目△5七とのところで△4一歩と打たれているとかなりもつれたかもしれません。
107手目△6四桂がポカでここでは△5一金かと思います。(それでもいけるいさんの勝ちは動きませんが・・・)収束はお見事でした。
2012/10/07(日) 08:29:48 | URL | たくちゃん #- [ 編集 ]
悪い癖
癖を直すのは大変なことですが、
将棋の悪癖は直さないと上達の大きな障壁になります。

2局目の31手目の局面。

30手目で△5四銀と次に△6五歩の攻めを見せています。
ここで▲3六歩は暖手だったと思います。
振飛車で居飛車の急戦を受ける際は
攻めを事前に受ける感覚が重要です。
代わりに▲6七銀が普通だと思います。
以下、△6五歩なら▲4七金で一局の将棋でしょう。

33手目の▲5七銀が一つめの"悪癖"です。
急戦の場合は▲6七銀が絶対形です。
▲5七銀形は持久戦模様の例外形です。

65手目の▲同金が二つ目の"悪癖"です。
△5八銀を取ることにより△6七銀が手順に効いてくるので、
こういう場合はほぼ100%手抜くのが形です。
代わりに▲2六角が普通です。
以下の進行例は△4九銀不成▲同銀で
△8八飛や△8六飛なら▲3八銀打・・
△6七銀を簡単に使わせないのがポイントです。

3局目の43手目の局面。
ここでも▲4七同金が三つ目の"悪癖"です。
手順にと金を作らせるのは普通はまずいので、
取らずに手抜く順から考えたいところです。
代わる候補手はコメントにある▲6四桂。
以下の進行例は△4八銀成▲5二桂成△同金▲4八金△4七歩成▲3四馬・・
これでも穴熊なので優勢だったと思います。
本譜手順の▲4七同金でも、この将棋は結果的に優勢なのですが、
手順に相手の駒を進めませてはまずいという感覚を
身につける必要があります。



2012/10/07(日) 10:58:23 | URL | T #L95l6OL. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

2局目の31手目について。居飛車の急戦に対し、

①低い陣形で待ち構える
②角交換されたときに▲同銀と取れるよう▲6七銀型、
③▲4七金を早くに決めすぎない

の3点を意識し、▲3六歩としました。

これまでの私は▲6七銀型をあまり指さないのですが、
今後急戦には▲6七銀型にしてみようと思います。

2局目の65手目▲同金は、相手の攻めを早くしてしまいました。



3局目の43手目について。
と金を作らせるのはマズいのは承知でしたが、
飛車を相手に渡したくなかったため、▲同金、△同歩成に▲1八飛と逃がしました。
と金を作らせても遠いので、大丈夫と考えていました。


後手の△4七銀に対し、▲6四桂、△4八銀成、▲5二成桂(桂がそっぽに行く気がして、本譜では避けました)、
△同金、▲4八金、△4七歩成と進め、そこで▲3四馬がよかったようですね。

自陣は穴熊で堅く、遠いと金も脅威ではなさそうです。
持ち駒も、相手は飛車角桂に、自分は金銀銀で、先に寄せることができそうです。



・対急戦では、相手の攻めを事前に受ける
・手順に相手の駒を進ませない
を意識しなければなりません。
2012/10/07(日) 22:09:52 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック