自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
11月21日 将棋部練習会
11月21日の将棋練習会。7人が参加。職団戦直前の大事な練習会だが、相変わらず参加者は少ない。

オギーと池田(俊)さん。
_R005_20121122002234.jpg

森さんと久保田さん。
_R004_20121122002234.jpg


▲自分×△葛山さん


私の居飛穴に、葛山さんの立石流四間飛車。一進一退の攻防で、熱戦。
穴熊の堅さを活かして強襲をかけるも、最後は詰まされてしまい、負け

激指の棋譜解析結果は、下記の通り。
11221_20121122011302.jpg


打ち上げは、新橋『味之苑』で。
ドリンク+料理3皿+紹興酒ボトル2本で、お会計は1人1300円という、驚異的な安さ。
出張で上京した阿部さんが合流してくれた。
_R002_20121122002423.jpg

さらに、打ち上げの2次会。新橋の『博多天神』へ。
_R001_20121122002548.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメント
お疲れさまでした!
私はやっと自宅に到着しました(+_+
日曜頑張ります!!

また今日は良い刺激を受けました。
来年社団は全勝の気持ちで望みます!!

2012/11/22(木) 00:39:30 | URL | おぎ #- [ 編集 ]
我々とは別のチームなので、
日曜は頑張らなくてよいです。
2012/11/22(木) 01:48:31 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
終盤の寄せ方
棋譜の将棋についてコメントします。

61手目の局面。

ここまではいろいろありましたが、結果的に穴熊に問題なく組めて、
駒の働きも振り飛車より勝り、桂損ですが手番を握っているので
少し居飛車穴熊側を持ちたい局面です。

ここから本格的な終盤戦に突入しますが、
どういう寄せの構図を描くかがポイントです。
私がこの局面で考える構図は

1.と金を効果的に使う
2.4一歩型には、飛車は1段目から迫る。
3.▲8六角を出来れば攻めに使う。

以上を頭に置いて、手を考えたいところです。

ここで▲2二飛は疑問に感じました。
金にヒモがついていて、先手ではないですし・・
飛車を使うには、結局▲2一飛成しかない(▲4二とが効かない)ので、
ちょっと一時停車してる感じです。

終盤は駒の損得より寄せのスピードです。
1手を掛けて桂馬を取るよりは"と金"を活用したいです。

ここでは▲2二飛に代わる手は▲3一飛です。
狙いは銀取りではありません。
次に▲3二とが狙いです。
本譜同様に△5八角なら▲6八銀という感じです。
△5八角に▲7七金は本譜で生じた△8五桂の筋があるので
▲6八銀が受けの形です。

▲3一飛以下の進行例は△4四銀▲3二と△5二金左▲4一飛成・・
次に▲4二と~金を捕獲する狙いが受けづらく
居飛車が優勢~勝勢に持って行けそうな展開だと思います。

居飛車穴熊は"と金"で攻められず、駒を使って攻められる展開では
ある程度粘りが効きます。
どこかで▲6八銀とすればかなり寄せられづらいです。
2012/11/22(木) 15:56:55 | URL | T #L95l6OL. [ 編集 ]
おぎさん職団頑張ってください。H野さんも絶好調です。
2012/11/22(木) 20:07:31 | URL | machida #- [ 編集 ]
町田さんのチーム、池田のチーム、
ともに2連勝すれば、3戦目で当たる組み合わせになっています。

ぜひ当たりたいですね!
2012/11/22(木) 20:21:39 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

この将棋は中盤の駆け引きに時間を消費し、終盤の残り時間が少なく苦労しました。

飛車を単体でどう使うかより、
と金と飛車の組み合わせで考え、
飛車の打ち場所を選ぶべきでした。
と金を使って攻める視点が、大切でした。

受けも、▲7七金ではなく、▲6八銀の方が堅かったです。
2012/11/22(木) 22:53:46 | URL | いけるい #- [ 編集 ]
初出場
失礼します。
明後日の職団戦に初めて出場します。
もちろんF級です。2局指して帰ります。
一度は出てみたかったので、それで十分です。
2012/11/23(金) 10:10:45 | URL | イズラー #EsJ185Rs [ 編集 ]
棋譜拝見させていただきました。
お疲れ様です。
序盤は角出が機敏な一着でやや優勢に推移していると感じました。
51手目▲4五歩に変えて1二とはなかったでしょうか?たぶん私ならこう指していると思います。
別の方も指摘されていましたが61手目は▲3一飛のほうが良いと思います。
73手目は▲同桂で問題なかったと思いますがいかがですか?
77手目の▲7五桂ですが、ここで▲8六桂
はなかったでしょうか?もしくは▲8六香はなかったでしょうか?
87手目はいけるいさんのコメントの通りで▲8六香と指していれば次の▲5二成桂を受けるのが非常に難しかったと思います。
非常に惜しい一局だったと思います。
職団戦がんばってください!!
2012/11/23(金) 13:24:41 | URL | たくちゃん #- [ 編集 ]
いけるいさんではありませんが・・・
指し手の指摘に興味があったので
横から口出すようで申し訳ありませんが、たくちゃんさんの指摘に
あくまで第三者の立場でコメントします。

51手目の▲4五歩に代えて▲1二とは、棋譜を見たときすぐに浮かんだ手ですが
その後の変化が難しそうで、前述のコメントには書きませんでした。

それに対する有力な候補手は△3三桂です。
そこでまた、▲1一と、▲2一飛成、▲4五歩などの候補手があります。
どの手がいいのか難しいところです。

▲1二とのマイナス面は"と金"が攻めには使えなくなる点です。
その後の攻めをどう繋げていくかが問題です。

なので、▲1二とは有力な手だと思いますが、
本譜の進行で61手目に私が指摘した▲3一飛~"と金"を使う展開と比べて
▲1二と以降の展開が優るかどうかは私の実力では判断が難しいところです。

73手目は、▲同桂が激指推奨とコメントにある通り、それが正解でしょう。
その後の継続手が難しそうです。

77手目の▲7五桂に代わり▲8六桂は▲7四桂打狙いと理解しましたが、
斜め駒がないので、今この局面では厳しい手になっておらず微妙に思えます。
それよりは、▲8六香の方が自然に思える手です。

失礼しました。
2012/11/23(金) 18:25:09 | URL | T #L95l6OL. [ 編集 ]
ご指摘ありがとうございます。
非常に参考にになるご意見ありがとうございました。強い人のご意見は勉強になります。いけるいさんの将棋は序盤・中盤に比べ終盤の力が課題かと感じております。
そこであえて毎回コメントを入れさせていただいております。これからもよろしくお願いいたします。
2012/11/24(土) 10:29:50 | URL | たくちゃん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック