自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
千駄ヶ谷の将棋会館へ。
IMG_1345_R_20171216060814964.jpg

▲自分 二段×△相手 二段


後手番で、4→3戦法を採用。
13手目に△8六歩と突いてきたので、角を換えて向かい飛車に。
34手目の▲8三角から、飛車を拾って、勝ち

夜は、青物横丁のうなぎ店『丸富』を訪問した。
IMG_1346_R_20171216060851aad.jpg

キモ、ヒレなど、うなぎの串が名物。脂がのっており、たいへん美味。
IMG_1348_R.jpg

豚肉は串ではなかった。
IMG_1349_R_20171216060853964.jpg
千駄ヶ谷戦記
久しぶりに、千駄ヶ谷の将棋会館へ。
2階の自販機コーナーに、順位戦対局中の高見先生がいたのでご挨拶。
あとで中継を見ましたが、勝利されていました。
IMG_1332_R_20171214221954ba9.jpg

▲自分 二段×△相手 初段


私の後手番で、4→3戦法を採用。飛車を浮いて、升田式石田流の形に。
24手目は▲7七銀ではなく、▲7七桂型にした。
28手目に桂をタダ捨てして、△8五同角に▲8六飛と回ったら、
相手の方が投了して、勝ち


この日の指導棋士は、安西勝一七段でした。
IMG_1334_R_2017121422195547c.jpg

じっくり時間をかけて感想戦の指導を行う熱心な先生でした。
IMG_1337_R_201712142219577ed.jpg
千駄ヶ谷戦記
夜に千駄ヶ谷へ。
IMG_0494_R_20171113211916882.jpg

先日、指す将順位戦で対局したあきたく氏が、上京中で将棋会館に来ているとのことで、
たまたま手合いが付いて対局となった。


▲自分×△あきたく氏



戦型は、私の三間飛車に、あきたく氏の中飛車で、相振り戦に。
45手目の▲5三角成と、角を切って強行した手が疑問手で、形勢を損ねる。
74手目の△1七桂成に対して、取ったら詰みと思い、▲3九玉と逃げた手が敗着。
ここは▲1七同桂、△同馬にも、▲同玉、△2五桂、▲2六玉とかわすことができた。
87手目に香を打って思い出詰めろをかけるも、詰まされて、負け


対局後、秋浜さん、あきたく氏と、鳩森神社そばのアイスクリーム店『レティエ』へ。
先日のアド街ック天国でも、紹介されていたお店だ。
IMG_0499_R_20171113212416374.jpg

写真右が一番人気の、ハチミツと3種のナッツのミルクソフト。
アイスを買っていたら雨が降り出し、往生する。
IMG_0501_R_20171113212415aea.jpg

この日は私の誕生日だったので、プリンちゃんに祝ってもらう。
IMG_0504_R_20171113212815ba1.jpg

私が20歳ごろの写真が出てきたよ。痩せてる!
IMG_0512_R.jpg
千駄ヶ谷戦記
14時頃に、千駄ヶ谷の将棋会館を訪問した。
11月は学校のイベントが多いからか、満席ではなかった。
IMG_0487_R_201711111830486d5.jpg



▲自分 二段×△相手 二段



戦型は、私の先手石田流に、相手の居飛車。26手目に△6五歩と仕掛けられる。
▲7七角と上がったが、ここは▲7七銀、△6六歩、▲同銀の方がよかった。
飛車角交換を経て馬を作るが、46手目△4一飛と自陣飛車を打たれ、撤退を余儀なくされる。
62手目△5五角に対し、△3六桂を甘受し▲7七歩と打ったが、
端を突かれて受けがなくなり、負け



明日11/12(日)は、木村先生のイベントが2つあります。

木村一基九段杯争奪将棋大会
時間  9時半受付 10時対局
会場 両国ステーション西ビル 3階会議室  
    東京都墨田区横網1-2-28


003_20170914112555361_20170914223912cd8.jpg

大会は事前予約制で、締め切り済ですが、
大会会場で木村先生、飯島先生、三枚堂先生、高野智史先生の指導対局があります。
こちらは会場で先着順で受け付けです。



木村一基九段昇段祝賀会
時間  17時受付 17時30分開会
会場 第一ホテル両国 5階 清澄

ホテル地図

祝賀会は立食パーティーです。
木村先生の目隠し席上対局や、
バトルロイヤル風間先生による来場者の方と木村先生の2ショット似顔絵執筆、
抽選会などを予定しています。

木村先生以外にも、プロ棋士の先生方が20人以上お越しになります。
ぜひこの機会にお話をされたり、お楽しみいただけたらと思います。
千駄ヶ谷戦記
夜に、千駄ヶ谷の将棋会館を訪問した。19時でももう暗い。
IMG_0463_R_20171109214413b94.jpg


▲自分 二段×△相手 二段



連盟道場では二段デビュー戦。
先手だったが、せっかくなので石田流ではなく、居飛車を指してみたところ、相居飛車戦に。
△4四歩型だったので、右四間から穴熊に囲った。
中盤銀が取られてしまったが、後手玉は居玉なので、玉形の差を衝いて攻勢に出る。
87手目▲3三角成と切って、次の▲4三金が詰めろ。
その後ぐちゃぐちゃになったが、何とか詰ませて、勝ち

当面は勝ち星にこだわる必要がなくなったので、レパートリーを増やしたい。
後手番での相居飛車を指せるようになりたい。
角換わりがいいだろうか?