自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
11時頃に、千駄ヶ谷の将棋会館を訪問した。
IMG_0210_R_20171028213710243.jpg



▲自分 初段×△相手 二段


戦型は、私の先手石田流に、後手の棒金。
飛車を横に逃がせるよう、▲7七角型を採用した。
持ち歩の三歩を垂らして、居飛車の飛車を隠居させたが、角頭を狙われ劣勢に。
居飛車優勢だったが、自然に見える△6七歩が疑問手で、形勢を互角に戻す。
銀のタダ捨ての代償に、飛車を成りこんで、勝ち

これで戦績は10勝1敗、9連勝に。もう1勝すれば10連勝で昇段となる。
IMG_0233_R_201710282140055cc.jpg

1階の販売部で、11/12(日)の木村杯の賞品を調達。
C級の参加者が30数名と多いため、C1・C2の2クラスに分けることにした。
A級、B級、C1級、C2級優勝賞品として、トロフィー4本を購入。
IMG_0214_R.jpg

11/12(日)開催のの木村杯は、現在A級14名、B級23名、C1C2級35名にエントリーをいただいています。
あと8名ほど募集しますので、お申し込みはお早めに。
001_20170914114244046_20171028215806d6d.jpg

当日会場では、木村先生の他、飯島先生・三枚堂先生・高野智史先生の
イケメン若手棋士3名による指導対局もありますので、ぜひお越しください!
IMG_1393_R_201510102324535c4_R_20171028220156c93.jpgIMG_0312_R_R_20171028220157ba8.jpg001_R_201708131934584b8_20170915151335eccs_20171028220158c63.jpg


昼過ぎに人形町に移動。
IMG_0217_R_201710282143501a2.jpg

生徒さんが数名来ていた。
IMG_0222_R.jpg

講師の北野さん。最近は海外出張があり、英会話を習っている。
IMG_0221_R_20171028214433d2b.jpg

先日の第2回ドクターズカップに小寺さんが優勝したお祝いとして、たこ焼きパーティーを開催した。
IMG_0224_R_20171028214527c7d.jpg

ひっくり返す千枚通しがないため、箸で代用したが難航。
IMG_0226_R.jpg

みんなで焼きました。
IMG_0228_R_20171028214640d1b.jpg

油をひいたら、意外ときれいに焼けました。
IMG_0229_R_20171028214809eed.jpg

佐々木さんの作った握り寿司とちらし寿司。
IMG_0230_R.jpg

優勝の喜び?を分かち合いました。
IMG_0231_R_2017102821490222a.jpg
千駄ヶ谷戦記
この日は年に1度の健康診断があるため、早朝からスポーツジムのサウナで
水分を抜き、減量を図った(意味なし)。

19時過ぎに、千駄ヶ谷の将棋会館を訪問した。
IMG_0195_R_20171026224658692.jpg


▲自分 初段×△相手 二段


戦型は、升田式石田流の出だしから、角交換となり力戦に。
55手目は▲5七金と逃がしたが、今にして思えばなぜ▲7七金と寄らなかったのか?
中盤は優勢だったが、見通し無く寄せに行った79手目の▲5一角が悪手で、
82手目△7一飛成で馬を抜かれて形勢逆転。
大駒はなくなったものの、4枚の金銀で相手玉を包囲する。
94手目△4八角は自玉への詰めろだが、王手で迫る順で詰めろを解消し、再度形勢を戻す。
最後は相手玉を1筋に追い詰め、勝ち


この日対局があった女流王座戦第1局は、
挑戦者の加藤桃子女王が激戦を制して先勝。
おめでとうございます!
IMG_1605_R_20170903233048e22_201710262343119c7.jpg
みろく庵訪問記
この日は雨。仕事帰りに千駄ヶ谷の将棋連盟へ。
IMG_0117_R_20171020000852c52.jpg

この日の師範棋士は、所司先生でした。
IMG_0123_R_20171020001119307.jpg

連盟道場で対局した。

▲自分 初段×△相手 初段


戦型は、私の石田流本組みに、後手の居飛車銀冠。
居飛車は、コンピューターが対石田流で採用する、△6三金型になった。
44手目は、△7五歩、▲同飛、△6四金だったら居飛車有利だったが、
△8六同飛と飛角交換になったため、振り飛車優勢に。
2枚飛車で銀冠を横から寄せ、勝ち


毎週木曜日はビギナーズセミナーの開講日。この日の講師は加瀬門下の藤本純弥二段。
IMG_0122_R_2017102000085480d.jpg

藤本先生は人気講師で、この日も20人以上の生徒さんが来ていました。
IMG_0119_R_20171020001009948.jpg

ビギナーズセミナー終了後、みんなで『みろく庵』へ。
IMG_0133_R_2017102000110169c.jpg

藤井四段の勝負メシで有名になった、豚キムチうどんをいただきました。
IMG_0135_R_201710200011033c2.jpg


千駄ヶ谷戦記
3連休最終日は好天。代々木公園を訪問した。
IMG_1833_R_201710092210399c3.jpg

せっかくのドッグランだが、犬は好きではないようで、仲良くなれない。
IMG_1838_R_201710092210336be.jpg

16時過ぎに、千駄ヶ谷の将棋会館を訪問した。
IMG_1841_R.jpg


▲自分 初段×△相手 二段


戦型は、私の三間飛車に、後手の居飛車急戦。
45手目の▲8五飛のぶつけが疑問手で、形勢を損ねる。
ここは▲4五桂だったようだ。
中盤以降劣勢だったが、70手目△4六角成でチャンス到来。
73手目▲6六角で王手飛車をかけ、龍を取ったが、
この龍を取った▲9九角が敗着で、桂打ちから詰まされ、負け

75手目は▲9九角ではなく、▲2五桂で自玉への詰めろを消しておかねばならなかった。
龍を拾うのはその後にするべきだったのだ。


国立競技場の駅に、藤井四段のポスターが掲示されてありました。
IMG_1845_R.jpg

夜は小寺さん、北野さんと秋葉原で合流し、叡王戦を観戦しました。
IMG_1851_R_20171009221202c05.jpg
日浦一郎八段 指導対局
19時過ぎに将棋連盟へ。師範棋士の日浦先生の指導対局を受講した。
IMG_1825_R_2017100520155493d.jpg


▲自分×△日浦一郎八段(飛車落ち)


最終受講者だったため、多面指しではなく、先生との直接対決になった。
日浦先生は八段、私は初段なので、駒落ちとは言え一対一では正直厳しい。

普段指している三間飛車ではなく、右四間穴熊を採用してみた。
中盤までは、がっちり穴熊に組ませてもらい、下手満足。
33手目の△9四歩に対しては、▲9六歩と受けて端攻めを緩和しておくべきだった。
43手目△8五桂に対して、▲6六角と上がったため、
次の△5五歩を▲同角と取らざるを得ない。
52手目の▲4五歩が疑問手で、▲5五銀と出るべきだった。
飛車も角も抑え込まれ、端を破られ、負け



お隣の鳩森神社では、毎年恒例の
「村上春樹先生 ノーベル文学賞発表カウントダウンパブリックビューイング」が開催されていた。
IMG_1823_R_201710052015556bb.jpg

今年のノーベル文学賞はカズオ・イシグロ氏が受賞し、
村上春樹先生は受賞とならなかった。やれやれ。
IMG_1828_R.jpg