自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
千駄ヶ谷戦記
2週間ぶりに、千駄ヶ谷へ。
IMG_8485_R_2017021900490448b.jpg

12時前に、連盟道場に到着。
IMG_8475_R.jpg

相馬さんも道場に来ていた。この日は5連勝とのこと。
IMG_8480_R_20170219004950c23.jpg



▲自分 初段&△相手 初段


戦型は、私の右四間穴熊に、相手のメリケン向かい飛車。
中盤は押し込まれており、やや不利だったが、6筋を突き捨て、
90手目の▲6二歩が入り、逆転。
と金を2枚作って、金銀を貼りつけて、勝ち
千駄ヶ谷戦記
千駄ヶ谷の連盟道場へ。
IMG_8344_R.jpg


▲自分 初段&△相手 二段


戦型は、私の石田流に、相手の四間飛車で、相振り飛車に。
後手は美濃囲い。後手からの速い攻めがなさそうだったので、私は穴熊へ。
角交換後の39手目に▲7四歩と打ち、△同歩と取れない。
64手目に△7四桂と跳ねられ、飛車をどこに逃がすか迷ったが、
▲8五飛と上に逃がしたのは疑問手で、▲2六飛と横逃がすべきだった。
終盤の88手目。△8四香と打たれて、飛車が詰まされてしまう。
ひねり出した▲4三香の応手が勝着で、△同金・△同銀のどちらでも、
▲同馬とむしって8三の地点に打ち込むことができる。
97手目の▲7二飛以下、勝ち
千駄ヶ谷戦記
寒波で、小雪が降っている。14時に千駄ヶ谷の連盟道場へ。
IMG_8004_R.jpg

増田先生の指導対局が実施されていた。
IMG_8002_R_20170114225544d18.jpg



▲自分 初段&△相手 初段


戦型は、私の4→3戦法からの石田流に、相手の袖飛車。
54手目に▲7三桂成と成り捨てて、強制飛車交換。
60手目に▲7二飛と打ち込んで、振り飛車やや優勢。
70手目の▲5二銀成は、▲4二銀不成として、△同金上に、
再度▲5三銀とおかわりするべきだった。
敗着は、相手玉に詰めろをかけた92手目の▲4五桂。
ここは▲4九金と引くべきだった。
△3九銀と打ち込まれ、負け


レディースセミナーを終えた福田さん、鎌田さんと合流し、新宿の『松屋』へ。
気象予報士の福田さんによると、来週も寒くなるらしい。
IMG_8013_R.jpg

カムジャタンをいただきました。
豚の背骨とジャガイモの唐辛子鍋だが、豚骨の出汁が出るので、そんなに辛くない。
IMG_8011_R.jpg

その後、韓国風Cafeでお茶をして散会しました。
IMG_8016_R.jpg
千駄ヶ谷戦記
3連休最終日。昼頃に千駄ヶ谷の連盟道場へ。
IMG_7962_R.jpg

立派な看板。
IMG_7963_R.jpg


▲自分 初段&△相手 二段


戦型は、私の石田流本組みに、後手の左美濃。
袖飛車にされ、34手目に△9五歩と突かれて戦端が開く。
47手目は、角と桂香の2枚換えで、居飛車の金銀が右に寄るのでさせると判断し、
▲7三角成と桂をむしった。
65手目にうっかり香を成ってしまい、飛車を抜かれて、負け




ワンコは意外と毛が伸びるのが早い。1か月美容室に行かないとボサボサ。
IMG_0478_R_20170109203015eb5.jpg

髪をちょっと切りました。
IMG_0477_R_20170109203014f5c.jpg
千駄ヶ谷戦記
今日で仕事納め。夜に千駄ヶ谷の連盟道場へ。
IMG_7759_R_201612282232049e1.jpg

揺れる将棋連盟。でも、大丈夫。
耐震工事を終えているから。
IMG_7760_R_20161228223205bdf.jpg


▲自分 初段&△相手 三段(香落ち)


苦手の香落ち下手。
戦型は、上手の中飛車に、私の一直線穴熊。
中盤は、角交換から龍を先着して、居飛車やや優勢。
64手目はすぐに▲6三歩成としたが、▲5五歩がよかった。
2回目の悪手は90手目の▲6五歩で、ここは直接▲6四歩に、
△同銀直、▲6三歩と指すべきだった。
最後の敗着は100手目の▲3一龍。
龍は逃げずに▲6二とと金を剥がして、勝負に出るべきだった。
底歩で龍が無効化される間に、2枚の桂に跳ねられ、ジリ貧で、負け
やはり三段氏は受けがうまく、単調な攻めでは攻略が難しい。