自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
御徒町戦記
会社帰りに、御徒町へ。昨年11月に駅前再開発で、TOHOシネマズがオープンしている。
IMG_1872_R_201802062152561b2.jpg

19時頃に、御徒町将棋センターを訪問した。
IMG_1868_R.jpg


▲自分 二段×△相手 三段


戦型は、私の石田流に、居飛車の二枚銀。
40手目は▲4五銀とぶつける手もあったが、▲4七銀引として守りを固める。
60手目は▲4五桂と逃がしたが、桂は跳ねずに▲4四歩で優勢だった。
72手目は▲6一角から3手詰めだったが、角の打ち場所を誤ってしまう。
最後は桂を打ち、勝ち


プリンちゃんお昼寝中。ソファの端っこが定位置。
IMG_1369_R_20180206220553d40.jpg
御徒町戦記
午前中は、プリンちゃんを連れて代々木公園のドッグランへ。
IMG_2047_R_2018020416105316b.jpg

犬より人が好きなので、いつも他の飼い主さんにじゃれに行ってしまう。
IMG_2038_R.jpg

柴犬に追っかけられます。
IMG_2044_R_20180204161112278.jpg

ランチは、代々木公園駅の老舗パスタ店『ハシヤ』へ。
乾麺だがモチモチで美味でした。
IMG_2048_R_2018020416131524c.jpg

14時頃に、御徒町へ。駅前のスケートリンクも賑わっていました。
IMG_2057_R.jpg

御徒町将棋センターを訪問。
席主さんに、社団戦参加申請完了の報告を行う。
IMG_2058_R.jpg

1局だけ対局。戦型は、相手の居飛車・中住まいに、私の向かい飛車になった。
IMG_1367_R_201802041615218f8.jpg

居飛車側に飛車先を早めに決められた場合は、三間飛車でなく、向かい飛車を指すようにしている。
▲7八金型を活かし、底歩で龍を封じて、勝ち
IMG_1368_R_201802041615209aa.jpg

大和さんがスタッフを務める青砥将棋教室のトーナメントで、
相馬さんが優勝したそうです。おめでとうございます!
無題_R
御徒町戦記
19時頃に、御徒町将棋センターを訪問した。
この日は40年ぶりくらいの寒さだそうで、駅前のスケートリンクも閑散としていた。
IMG_1738_R_20180125213209020.jpg

平日夜は常連のお客さんが多い。
IMG_1739_R.jpg

1月のトーナメント優勝者。電機大の三村君が優勝していた。
IMG_1742_R_20180125213212152.jpg


▲自分 二段×△相手 三段


先手の居飛車に、後手三間飛車を採用した。
居飛車の急戦の構えに対し、向かい飛車に転進し、飛車交換から決戦になった。
36手目の▲7七角は疑問手で、▲5八銀と引くべきだった。
銀桂両取りの飛車を打たれて劣勢になるも、58手目▲5三歩が入り、形勢互角に。
端に応じた68手目▲1五同歩も悪手で、▲5二歩成と攻め合いに行くべきだった。
71手目は△1九銀と放り込まれたが、ここは△1七歩と打たれていたら、受けがなく負けだったようだ。
2枚の飛車で居飛車玉を端に追い込み、勝ち
御徒町戦記
昨日は稲荷町にあるインド料理店『ハリマ ケバブ ビリヤニ』を訪問した。
食べログで3.6点と高評価の人気店である。
IMG_1608_R_2018010922541552c.jpg

ビリヤニという、インド風炊き込みご飯をいただいた。
スパイスの香りが強く、日本人の味覚に迎合しない感じで美味。
IMG_1604_R_2018010922555709e.jpg

1月4日に御徒町将棋センターで対局した際の棋譜。
IMG_1258_R.jpg

▲自分 二段×△相手 三段


相手の石田流に対し、中飛車左穴熊を採用。
左銀は動いていなかったが、▲34手目に▲2六飛と回って飛車交換に。
42手目の▲5六歩の突き出しが、歩成と角成の両方を見せ、穴熊有利に。
54手目の▲4四馬左は悪手で、▲4八銀、△5八飛成、▲5七馬右と龍を捕まえに行くべきだった。
自玉に詰めろがかからないゼット形を活かし、詰めろで相手玉に迫ったが、
88手目▲7三香が詰めろではなく、ここは普通に▲6三馬と銀を拾うべきだった。
2枚の桂で上から詰まされ、負け
御徒町戦記
今日から仕事始め。18時過ぎに御徒町将棋センターへ。
年始のあいさつ回りでいただいた日本酒が残っており、不調。
IMG_1497_R_20180104215601150.jpg

先日購入したNHK将棋講座テキストの特集が向かい飛車だったため、向かい飛車を指したい。
連敗し、3局目に向かい飛車となった。
IMG_1496_R_2018010422124900f.jpg


▲自分 二段×△相手 二段



戦型は、私の向かい飛車に、居飛車の左美濃。
32手目△3二銀の局面では、振り飛車の囲いは2枚、居飛車は4枚で堅い。
モノは試しで、端桂から飛車交換を実施した。
45手目の▲8二歩は疑問手で、▲6一飛と飛車を下すべきだった。
50手目に△4四香と打たれた局面では、居飛車が固く、勝てる気がしない。
居飛車の56手目△2三玉が敗着で、△4七香成と成り込んで難しかったようだ。
63手目▲6九歩の底歩で盤石となり、勝ち