自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
2019年もはじまりましたね。
IMG_4188_R_20190101113728e51.jpg

プリンちゃんは新しい服を買ってもらいました。
ボア裏地なので、あったかそう。
IMG_4192_R_2019010111373006f.jpg

冬休みは小倉先生の三間飛車本を並べています。対居飛穴を覚えたい。
IMG_4196_R_20190101224443b9e.jpg
千駄ヶ谷戦記
久しぶりに、千駄ヶ谷の連盟道場へ。
IMG_5288_R.jpg

すでにお正月仕様。冬休みなので、子どものお客さんが多かった。
IMG_5296_R.jpg


▲自分 二段×△相手 三段


強そうな三段の少年と対局。
戦型は私の石田流に相手の四間飛車で相振りに。
39手目に飛車を切って攻勢に出る。
49手目の▲4二飛が敗着で、▲4一銀なら互角だったようだ。
71手目▲7二銀の腹銀で詰めろをかけるも、
△3九銀と放り込まれて一気に詰みを食らい、負け
相振りが苦手なので、対策を練りたい。


ランチは足をのばして、原宿の天ぷら店『松林』へ。
この時期は牡蠣の天ぷらがおすすめです。
IMG_5297_R.jpg

新国立競技場の建設も進みつつある。
IMG_5298_R.jpg
人形町 指し納め会
この日は人形町の小寺邸に集まり、指し納め会を行った。
IMG_5306_R.jpg

小寺さん。
IMG_5311_R.jpg

明日大阪に帰省する北野さん。
IMG_5310_R_20181228220544286.jpg

田中さん。
IMG_5307_R.jpg


▲自分×△相手


戦型は、私の三間飛車に後手の居飛穴。
三間飛車藤井システムで、低い陣形から端攻めを狙った。
形勢は中盤まで拮抗。
64手目△5五桂に対し、▲3七金とかわしたが、金は逃げずに
▲3四歩と攻め合うのが最善だったようだが、怖くてとても指せない。
79手目▲5三歩成は悪手で、▲8六同角、△同飛に、▲3四歩がよかった。
96手目△3四銀引のところで、△5三金だったら互角だったようだ。
▲2三銀と捨てて銀をどかし、角が成って勝ち
三間飛車藤井システムは単純に端だけで勝てるわけでもないので、指しこなすのは難しい。。。

今井さん、山下さん、高木さんも合流し、小伝馬町の中華料理店『順順餃子房』で打ち上げ。
IMG_5313_R.jpg
御徒町戦記
席主さんに先日の天野杯のお礼をしようと思い、19時ごろに、御徒町将棋センターを訪問した。
IMG_5283_R.jpg

高木さんも来ていた。
IMG_5285_R.jpg



▲自分 二段×△相手 二段



戦型は、相手の左美濃に、私の後手三間飛車。
48手目▲6五歩が悪手で、形勢を損ねる。ここは▲5五歩、△同角、▲5六銀だった。
形勢不利だったが、85手目△4五桂が疑問手で形勢逆転する。
タテに3枚桂を打たれて、攻めが難航するが、124手目▲1五歩がいい手だったようだ。
最終盤は悪手も多かったが、形勢に差がついていたようで押し切り、勝ち

12月は決算期で仕事が忙しく疲れていた上、長い将棋になりフラフラだった。
頭がボーっとして、手が読めない。

来季の社団戦開幕に向け、御徒町将棋センターの5階対局室をお借りし、
1Dayのプレ社団戦企画を席主さんと相談する。
時期は春頃予定。
100人収容できるので、5人編成なら最大20チーム。
社団戦参加チームの方はぜひお越しください。
荻窪戦記
3連休最終日。この日は荻窪へ。
IMG_5281_R.jpg

昼過ぎに将棋サロン荻窪を訪問した。
IMG_5277_R.jpg

奨励会3級の中学生に、ボコボコにされました。
IMG_5280_R_20181224192802acc.jpg



▲自分 二段×△相手 三段


三段の小学生と対局。私の先手石田流に、相手の袖飛車となった。
35手目に▲7四飛と切って、▲6三銀と打ち込み有利に。
57手目は▲4二ととしたが、▲4二角成が正解だった。
67手目の▲3六歩は悪手で、先に▲4四とと指しておくべきだった。
72手目△4九龍で自玉に詰めろがかかり、相手を詰まさなければ負けという状況に。
▲3四とと捨てて詰み、勝ち


本間先生著の『実戦詰め筋事典』を購入して帰宅。
余詰あり、駒余りありなので、実戦頻出形であるそうです。
IMG_5282_R.jpg
12月19日 将棋部忘年会
この日は、毎年開催している将棋部の忘年会。
会場は新橋の中華料理店『龍記』
IMG_5240_R.jpg

将棋部のメンバー20名が集まりました。
IMG_5234_R_2018122000382813a.jpg

ゲストに、先日竜王戦で3組に昇級した遠山先生にお越しいただきました。
IMG_5236_R_20181220003910298.jpg

昇級のお祝いに、グレーのカーディガンをプレゼントしましたが、
ちょうどこの日遠山先生がグレーのカーディガンを着ているという失態。
IMG_5239_R_20181220003912cef.jpg

2次会は、新橋の囲碁将棋カフェ『樹林』へ。
IMG_5241_R_201812200046566c7.jpg

広いスペースで、将棋を楽しみました。
IMG_5249_R.jpg

遠山先生による多面指し指導対局。
IMG_5243_R_2018122000425467c.jpg

ペア将棋も指しました。
IMG_5247_R.jpg

奈良さん。
IMG_5251_R.jpg

稲垣さん。
IMG_5250_R.jpg

福田さん。
IMG_5252_R_20181220004345fac.jpg

小山さん。
IMG_5254_R.jpg

山川さん。
IMG_5246_R.jpg

やましんさん。
IMG_5255_R.jpg

田辺さん。
IMG_5256_R.jpg

遠山先生、昇級おめでとうございます!
将棋部の皆さん、今年一年おせわになりました!
IMG_5262_R.jpg
第8回天野杯3vs3団体戦
昨日12月15日に、第8回天野杯3vs3団体戦を開催した。本大会には、東京アマチュア将棋連盟に
ご後援いただき、御徒町将棋センターの5階対局室を使用させていただいた。
IMG_4135_R_201812170104274ed.jpg

天野杯は、2015年に亡くなられた元奨励会員の天野貴元先生が企画した大会です。
amano_201812170151558f8.jpg

将棋を通じて仲間との輪を広げてほしいとの天野先生の想いで、
個人戦ではなく1チーム3人の団体戦なのが特長です。今回で8回目の開催となります。
IMG_4141_R_201812170143130d7.jpg

会場収容数いっぱいの、A級12チーム、B級24チームの36チーム108名にご参加いただいた。
受け付けは、渡邊さんと小池さんにお願いをしました。
IMG_4134_R_20181217010537ee2.jpg

将棋大会に参加する人には、棋書を渡すと喜んでもらえるだろうと思い、
参加賞として1人1冊棋書を用意しました。
会場にお越しになった天野先生のお母さまに寄付をいただき、書籍を購入させていただきました。
ありがとうございました。
IMG_4157_R_20181217010624212.jpg

将棋世界編集部の国澤さんのチョイスで、20種類くらい用意しました。
天野先生の著書である『奇襲研究所』も入っています。
IMG_4163_R_20181217010711ae4.jpg

どの本にするか、皆さん迷われていました。
IMG_4172_R.jpg

A級 参加チーム

クークルィ
小寺さんは4連勝だったものの、最終戦は社団戦の強豪チームEdenに敗れました。
IMG_4139_R_20181217011228af1.jpg

富士通 和室の常連達♪
職団戦強豪の富士通さんチーム。
IMG_4140_R_20181217011230f44.jpg

シマケン2
山下さん、奈良さん、宇田さんのチーム。A級は社団戦上位チームが多く苦戦。
IMG_4155_R_201812170123590dd.jpg

将棋駒研究会
将棋駒研究会の稲垣さんのチーム。
IMG_4153_R_20181217012549096.jpg

Eden
今年の社団戦2部で、14勝1敗で優勝の強豪チーム。EdenとEden2の2チーム参加。
IMG_4154_R.jpg

B級 参加チーム

天チル3
社団戦6部の天野チルドレンチーム。
IMG_4159_R_20181217011441aa7.jpg

チーム和菓子
チーム和菓子は女性3人のチーム。
IMG_4143_R.jpg

エブリデイ
塩見さんは初戦で勝利し、2勝でした。
IMG_4146_R_20181217011631498.jpg

ハマキーず
はまきさん率いるはまきーズ。
IMG_4144_R_20181217011630b2d.jpg

やわらかB
1名欠席が出て、福田さんが代打で参加しました。
IMG_4147_R_20181217011825efa.jpg

チーム青葉
森内先生が代表を務める青葉将棋クラブのチーム。
IMG_4160_R_20181217012530e18.jpg

表参カルテット
社団戦参加の川崎組チーム、田辺さんは4連勝と絶好調。
IMG_4149_R.jpg

楽将会KTR
こちらも社団戦の楽将会さんのチームです。
IMG_4150_R_20181217012146439.jpg

横研
横浜竜王将棋研究会のチームです。
IMG_4152_R_20181217012222ba5.jpg

字がうまい福田さんに、賞状を書いてもらいました。
IMG_4167_R_20181217012821749.jpg

表彰式

A級優勝 龍の滝
強豪チームが多いA級で、龍の滝さんが優勝でした!
IMG_4183_R_201812170138147b4.jpg

A級準優勝 Eden
4勝1敗(個人11勝)で、Edenが準優勝。
IMG_4182_R_20181217013611f96.jpg

A級3位 なかよしチーム
4勝1敗(個人10勝)で、なかよしチームが3位に。
IMG_4186_R.jpg

B級優勝 きりのかげ
毎年天野杯に出場いただいているきりのかげさんが、5戦全勝で優勝でした。
IMG_4170_R_20181217012934210.jpg

B級準優勝 将GiveA
計3チームも参加してくれた将Giveさんが、4勝1敗(個人12勝)で準優勝でした。
IMG_4171_R_20181217012933f31.jpg

B級3位 チーム和菓子
チーム和菓子は、4勝1敗(個人11勝)で3位。
IMG_4175_R_201812170132357f3.jpg

B級4位 NTU
NTUさんは、4勝1敗(個人10勝)で4位。
IMG_4178_R_20181217013448f21.jpg

B級5位 チーム青葉
チーム青葉が、4勝1敗(個人9勝)で5位。
IMG_4180_R.jpg

今年もたくさんの方にご出場いただき、ありがとうございました!
また来年も開催しますので、ぜひご参加ください!
御徒町戦記
小雨模様で冷える。19時ごろに、御徒町将棋センターを訪問した。
IMG_5232_R_20181206222559853.jpg



▲自分 二段×△相手 初段



戦型は、相手の先手四間飛車に私の右四間飛車。
11手目に△4五歩と突かれ、早くも開戦となった。
△6五角の筋が気になったので、46手目▲3九金と寄ったが疑問手。
初志貫徹で▲4四銀と出るべきだった。
68手目▲5三とと捨てて、△同玉に即詰みが生じて、勝ち


12/15(土)に開催する第8回天野杯3vs3団体戦は、現在36チーム108名のご参加で満席。
前回大会に続き、全員に参加賞として棋書を用意しました。
本屋でいきなり108冊も買うのは無理なので、マイナビさんに下記の棋書を一括注文。
成績順で選んでもらおうと思います。
無題
12月5日 将棋部練習会
12月5日の将棋部練習会。10名が参加。
IMG_5221_R_201812060746291fb.jpg

和川さん。
IMG_5225_R_20181206074627d74.jpg

相馬さん。
IMG_5222_R_20181206074630ad2.jpg

小山さん。
IMG_5223_R_201812060746325eb.jpg

稲垣さん。
IMG_5224_R.jpg

有村君。
IMG_5227_R_201812060747526a2.jpg

菅原さん。
IMG_5226_R.jpg

この日で、年内の練習会は終了。今年度の部内順位戦結果。
渡邊聡さんが6勝2敗で、優勝しました。
1113_201812060924120d5.jpg



打ち上げは、新橋の串カツ店『でんがな』へ。
IMG_5229_R_20181206074753ba5.jpg

2次会は麻雀。半荘15分で終了したら、場代を半額にしてもらえました。
IMG_5230_R_2018120607474957c.jpg
第42回三浦三崎マグロ争奪将棋大会での対局棋譜
第42回三浦三崎マグロ争奪将棋大会での対局棋譜。持ち時間は15分30秒。2敗失格。
IMG_5177_R_2018120219085953b.jpg


▲自分×△相手


戦型は、私の先手石田流に相手の中飛車で、相振りに。
49手目に▲8六角と引いた手が疑問手で、▲7三同角成、△同桂、▲7四歩と攻めるべきだった。
102手目の△6七角成の角切りに対し、ノータムで▲同金と取ったが、
ここで▲3五飛と飛車を逃がす手もあった。
終盤は双方秒読みで大いに焦る。
115手目▲7四桂が龍の利きを塞ぎつつ、王手で入って勝着になり、勝ち



▲自分×△相手


戦型は、私の後手三間飛車に、相手の居飛穴。
この戦型は最近勉強中の形で、端桂を跳ねていく。
42手に▲4四歩が入って優勢に。
44手目▲1三桂成で端に殺到し、珍しく?端攻めが決まって、勝ち
この作戦を指しこなせれば、穴熊が苦にならなくなるので、習熟したい。



▲自分×△相手


この対局に勝てば、3勝賞でマグロブロック獲得となる大事な一戦。
戦型は、私の三間飛車に居飛車急戦。
ちょうど昨日、佐々木慎先生に教わった戦型で、
「低い陣形で居飛車の仕掛けを待つ」「▲9八香を逃がす」のセオリーを守る。
飛車角交換になったものの、形勢互角で中盤戦へ。
63手目△5六桂に対し、苦心の末▲7四角を発見し、桂を抜いて有利に。
しかし、持ち時間を使い切り30秒の秒読みに入ったところ、
「勝ったらマグロ」の雑念が入り、読みに集中できなくなる。
86手目は▲3三角と打ったが、ここは▲7一角と打って挟撃形にするべきだったか?
104手目の▲6五歩は悪手で、▲7七香なら詰めろになっていた。
敗着は112手目の▲8三角。ここは▲8三銀と打っていれば詰みがあり勝ちだった。
反省して角を成り捨て、やり直したものの駒が足らず、負け