自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
第76期名人戦第1局前夜祭
この日は、第76期名人戦第1局前夜祭に参加した。会場はホテル椿山荘東京。
IMG_2433_R_201804102258006e9.jpg

今回は、羽生先生が挑戦者のため、約600人ほど参加で大盛況。
IMG_2440_R_20180410225845326.jpg

今回の挑戦者決定プレーオフにも出場した佐藤康光会長からご挨拶。
IMG_2438_R_201804102258464bc.jpg

名人・挑戦者に花束贈呈。
IMG_2461_R.jpg

挑戦者である羽生竜王のご挨拶。
IMG_2466_R_2018041023012173b.jpg

佐藤天彦名人のご挨拶。
IMG_2472_R.jpg

記念撮影タイム。挑戦者・名人とも大人気で、時間いっぱいまで撮影に応じられていました。
001_R_20180410230339ce0.jpg

佐藤天彦名人。
IMG_2442_R_20180410230423972.jpg

掲示されてある名人戦ポスター。
IMG_2431_R_20180410230516521.jpg

両対局者の著書。
IMG_2506_R_20180410230538423.jpg

主催社である新聞社発行の記事。
IMG_2505_R_20180410230539fd0.jpg

明日の第1局の立会人と、大盤解説会の先生方。
IMG_2490_R.jpg

第1局の立会人である森雞二先生。
IMG_2499_R_201804102309031f8.jpg

明日の椿山荘での大盤解説者の、阿久津先生と大石先生。
IMG_2514_R.jpg

大盤解説会聞き手の甲斐女流。
IMG_2515_R.jpg

記録係は、加瀬門下の高橋佑二郎二段。
IMG_2513_R_20180410230905d08.jpg

森内専務理事。
IMG_2502_R_20180410231249cc9.jpg

瀬川先生と写真を撮っていただきました。
映画『泣き虫しょったんの奇跡』は、今年秋公開です。予告編も公開されていました。
IMG_2444_R_201804102313527cd.jpg

森下先生とも写真を撮っていただきました。
IMG_2519_R_20180410231739d4d.jpg

飯塚先生と遠山先生。
IMG_2512_R.jpg

名人戦は、6月まで3か月かけて対局する長丁場で、我々ファンの期待も高まります。
IMG_2482_R_20180410232300b08.jpg
第113回職団戦の対局棋譜
第113回職団戦の対局棋譜。
IMG_2377_R_20180408230748b1a.jpg


C級1回戦 ▲自分×△三菱UFJ2軍


戦型は、相手の四間飛車に、私の右四間飛車穴熊。
指し慣れている右四間穴熊で、自信を持って指すことができた。
33手目に振り飛車から△4五歩と突かれて、開戦。
40手目▲4四歩は疑問手で、単に▲3三角と打つべきだった。
54手目▲7八飛と逃がした手が、桂頭攻めを見せて味がいい。
76手目▲2六角が馬取り、▲7三桂成の詰めろ、▲4三歩成の開き王手の3つを同時に見せて、受けづらい。
飛車を2筋から転回させて、勝ち
チームも3-2で勝ち、2回戦進出。



C級2回戦 ▲自分×△キッコーマン


戦型は、相手の角交換振り飛車。
変則的な出だしで戸惑ったが、相手からの速い攻めがなさそうと判断し、振り飛車穴熊に囲った。
中盤、先に馬を作られ、苦しい展開に。
70手目に▲8四飛と切った手はやはり悪手で、▲7七銀だった。
劣勢だったものの、中盤の終わりに1手30秒の時計が導入され、相手の指し手も乱れる。
100手目の▲8六桂から、▲7四桂打ちが入り、形勢逆転。
自玉にも迫られたが、穴熊に囲っていたのが奏功し、1手余裕があった。
112手目▲7二銀以下詰みで、勝ち
チームは2-3で敗れ、ここで敗退となった。
第113回職団戦
この日は、第113回職団戦の開催日。
会場は、綾瀬の東京武道館。次回の秋の開催は、飛田給で開催とのこと。
IMG_2377_R_20180408230748b1a.jpg

佐藤康光会長から、開会のご挨拶。
IMG_2381_R_2018040823074903d.jpg

400チーム超の2000名以上が参加とのこと。
IMG_2382_R_2018040823082947a.jpg

入賞賞品の記念盾。
IMG_2410_R_20180408232456caf.jpg

私は電通の2軍で、C級で参加。メンバーは石川、玉山、北村、池田、田辺。
IMG_2386_R_201804082309071de.jpg

1回戦は2-2で残った石川さんが相手の反則(王手放置)で勝ち、1回戦突破。
IMG_2391_R_20180408231429bd7.jpg

木村先生が応援に来てくれました!
無題_R

電通1軍はA級で参加。元奨励会の川崎先生が電通グループに入社し、新加入。
IMG_2412_R_20180408231119444.jpg

新入社員の多々納さんも、職団戦デビュー。A級1回戦で白星をあげました。
IMG_2414_R.jpg

中川さん。
IMG_2396_R_20180408232916dff.jpg

玉山さん。
IMG_2411_R.jpg

田辺さん。
IMG_2419_R.jpg

A級1軍は、1回戦で社会教育会館文化会1軍に5-0で勝ち、2回戦でマイナビ1軍に2-3で負け、敗退。
IMG_2421_R_201804082318230b7.jpg

C級2軍は、1回戦で三菱UFJ2軍に3-2で勝ち、2回戦でキッコーマンに2-3で負け、敗退。
IMG_2395_R_201804082318259cc.jpg

記念撮影。
IMG_2400_R.jpg

13時の指導対局の抽選に並んだが落選。深浦先生の指導対局。
IMG_2431_R.jpg

田村康介先生。
IMG_2425_R_20180408231935f03.jpg

窪田義行先生。
IMG_2427_R.jpg

金沢先生。
IMG_2428_R_2018040823220743a.jpg

審判を務めていた加瀬先生。
IMG_2433_R_201804082321119d8.jpg

将棋連盟モバイルブースの遠山先生。
IMG_2398_R_201804082325433cc.jpg

将棋連盟1軍は準決勝でNECと対局。大将の森さん。
IMG_2437_R_2018040823223602e.jpg

竹村さんはA級で入賞。
IMG_2438_R.jpg

E級で優勝した高橋さん。
IMG_2444_R.jpg

渡辺さんのユニ・プランニングは、D級でベスト4に残り、昇級になりました。
IMG_2446_R_201804082324159a3.jpg

綾瀬駅前の火鍋店『小尾羊』で、打ち上げをしました。
IMG_2447_R.jpg


4月7日 人形町子ども将棋教室
4月7日の人形町子ども将棋教室
IMG_2370_R.jpg

小寺先生。
IMG_2365_R.jpg

長尾先生。
IMG_2362_R.jpg

高山先生。
IMG_2367_R.jpg

渡辺先生。
IMG_2363_R_20180407213350460.jpg

北野先生。
IMG_2373_R_20180407213441ac5.jpg

大盤での指導。
IMG_2369_R_20180407213503e39.jpg

打ち上げは、人形町の焼き肉『源の屋』へ。
明日の職団戦は小寺さんも応援に来てくれるそうです。
IMG_2375_R.jpg
千駄ヶ谷戦記
19時頃に千駄ヶ谷の連盟道場へ。
IMG_2353_R.jpg


▲自分 二段×△相手 二段


戦型は、相手の四間飛車銀冠に、私の右四間穴熊。
銀冠が浮いた40手目に▲4五歩と仕掛ける。
49手目は△4三歩なら互角だったようだが、△5三金だったため、
角を切って、飛車を素抜いて勝ち
4月4日 将棋部練習会
4月4日の将棋部練習会。新年度最初の練習会。
職団戦直前ということもあり、各社のメンバーが集まり、18名が参加。
IMG_2330_R_201804050008034d8.jpg

4/8(日)の職団戦はA級で出場する中川さん。
IMG_2342_R_20180405000804f1f.jpg

久保田さん。
IMG_2339_R_201804050008057fd.jpg

山川さん。
IMG_2340_R_20180405000807ad6.jpg

田中さん。
IMG_2331_R.jpg

池田(俊)さん。
IMG_2332_R.jpg

将棋部に待望の新入社員が入部した。大学将棋部OGの多々納さん。
IMG_2334_R_201804050009316f8.jpg

渡辺さん。
IMG_2335_R_20180405001047559.jpg

小池さん。
IMG_2336_R_20180405001050525.jpg

将棋部顧問の川崎先生も指導に来てくれました。
IMG_2349_R_201804050011304f4.jpg

相馬さん。
IMG_2338_R_2018040500112953a.jpg

阿部君。
IMG_2341_R_20180405001127a1e.jpg

田辺さん。
IMG_2333_R.jpg

4/8(日)の職団戦は、1軍A級、2軍C級で2チーム出場します。

津田沼将棋教室 石井健太郎五段指導対局
この日は(この日も?)、相馬さんと、所司一門将棋センター津田沼教室を訪問した。
IMG_2302_R_20180401231026f61.jpg

地元千葉出身の、石井健太郎五段の指導対局を受講した。
IMG_2329_R_201804012314358c0.jpg

三面指しでの指導でした。
無題_R

▲自分×△石井健太郎五段(飛車落ち)


下手は三間飛車。位を取らせないよう、歩を前進させる。
上手は手詰まりになり、39手目に△4二玉と移動したため、飛車先の歩を交換。
52手目に▲4五歩と突いて、角交換を迫った。
62手目の▲8四歩はそっぽで、▲4五歩と上手陣の急所を狙うべきだった。
79手目△1二玉と寄った局面では、上手玉に対して即詰みはない。
ここは▲2五桂と跳ねて詰めろをかけつつ、自玉を広くして安全度を高めておくことが重要とのこと。
勉強になりました。

石井先生は、子どもへの指導は慣れているようで、優しい指導でした。
IMG_2313_R_201804012315431a2.jpg

道場は大盛況で、スタッフの三宅さんも忙しそうでした。
IMG_2324_R.jpg

近藤先生の雑誌記事が掲示されていました。
IMG_2307_R.jpg

相馬さんは5勝1敗と好成績で、「次回から三段で」と言われていました。
IMG_2304_R.jpg
青砥将棋教室 熊谷俊紀二段指導対局
千駄ヶ谷でイベントに参加したのち、所司一門将棋センター青砥店を訪問した。
IMG_2416_R_201804010219224e1.jpg

熊谷俊紀奨励会二段の指導対局を受講した。
IMG_2422_R_20180401021923db0.jpg


▲自分×△熊谷俊紀先生(飛車落ち)


下手の作戦は三間飛車・高美濃。
上手玉が露出しているときが好機とみて、52手目▲6五歩から角交換を迫った。
68手目は▲4五桂と跳ねて金に当てたが、桂を渡すことになるので、
▲3四歩と再度叩いた方がよかった。
71手目の局面では、△3六桂以下、下手玉に詰めろがかかっている。
よって、▲4七銀とと金を排除しなければならない。
74手目の▲5二角が上手玉への詰めろで、勝ち


熊谷先生は、対局中に考え方のヒントを出してくれるため、勉強になりました。
駒落ちは一手違いになるため、自玉と相手玉の詰みの速度計算が大切とのこと。


この後、道場でトーナメント戦に参加した。
IMG_2424_R_20180401095709a1d.jpg

決勝戦の相手は、相馬さんになった。
IMG_2425_R_20180401095708edf.jpg

▲自分×△相馬さん


戦型は、私の石田流に相馬さんの四間飛車で、相振りに。
序盤の桂跳ねで、後手の玉形を乱す。
43手目▲6五歩で飛車交換を迫って優勢に。
玉頭に馬を作って、勝ち

青砥トーナメント初優勝。指導対局券をいただきました。
IMG_2300_R_20180401100124b23.jpg
東竜門イベント 将棋会館フォトツアー
この日は、関東の若手棋士チーム東竜門主催の、将棋会館フォトツアーに参加した。
IMG_2329_R_20180401013342ca6.jpg

石田先生からご説明。
IMG_2334_R_201804010133445e1.jpg

鳩森神社の将棋堂を案内。
IMG_2337_R_2018040101334575b.jpg

1階売店の紹介。
IMG_2340_R_20180401013500253.jpg

スタッフの井出先生と杉本先生。
IMG_2346_R.jpg

4階の対局室。この日は対局はなく、見学をさせてもらいました。
IMG_2347_R.jpg

物販担当の門倉先生。
IMG_2350_R.jpg

開会式。
IMG_2352_R_201804010136492fc.jpg

各棋士が用意したクイズに答えると、特別対局室に入れるそうです。
IMG_2354_R_2018040101365298e.jpg

杉本先生からの挑戦状。
IMG_2355_R_201804010136511cc.jpg

黒沢先生からの挑戦状。
IMG_2413_R.jpg

棋士の先生とのトークコーナー。石田先生。
IMG_2360_R.jpg

和田先生。
IMG_2384_R_2018040101433603b.jpg

杉本先生。杉本先生は三間飛車を指すので、今度ぜひ教えていただきたい。
IMG_2356_R_20180401013909fb4.jpg

対局室の受付に置かれていた、各店舗の出前メニュー表。
IMG_2374_R_20180401014112557.jpg

裏メニュー?のじょい豆腐定食も追記されていました。
IMG_2373_R_201804010141149f8.jpg

黒沢先生による棋士似顔絵。味がある。
DZlawGSVAAYEO8J_R.jpg

クイズの答えをつなげると、「ナ〇〇〇 〇〇〇ケ」となり、正解すると特別対局室に入室できる。
IMG_2364_R_20180401014442945.jpg

物販ブースの中村太地王座。
IMG_2371_R.jpg

トークショー。
IMG_2385_R_20180401014420b2f.jpg

渡辺先生が19歳で竜王に就位した際、スーツをコーディネートをした中川先生。
IMG_2389_R_201804010144212d2.jpg

小学生名人の杉本先生が奨励会に入会する際、米長門下の精鋭を5人も破ったそうです。
IMG_2390_R_20180401014832cfe.jpg

素敵な写真を撮った人には、フォトフレームのプレゼント。
IMG_2402_R.jpg

中川賞は、中川先生の揮毫色紙。
IMG_2403_R_20180401015037697.jpg

棋士の先生とお話しできる、楽しいイベントでした。
IMG_2406_R_20180401015147887.jpg

中川先生からご挨拶。東竜門の先生、ありがとうございました!
IMG_2410_R.jpg

御徒町戦記
19時過ぎに、御徒町将棋センターを訪問した。
IMG_2105_R_20180302224709123_20180329213321bd5.jpg

第3回叡王戦決勝七番勝負に臨む金井先生は、御徒町将棋センター出身とのこと。
IMG_2295_R_20180329213145de6.jpg

今日のトーナメントは奥村さんが優勝していた。
IMG_2294_R_201803292131435d7.jpg



▲自分 二段×△相手 二段


戦型は、相手の四間飛車に、私の右四間穴熊。
37手目△6五銀を見て、▲4五歩から角交換。
42手目は▲5五角と打ったが、▲6五銀がよかった。
58手目に▲7八銀と打った手は悪手で、△同馬と切られて薄くされてしまう。
74手目▲9四桂から寄せて、勝ち
本譜はもっと早い段階で▲8六桂を打つべきだった。