自戦の検討と、将棋仲間との交遊録。twitterアカウントは、『@ike_rui』です。
10月7日 人形町子ども将棋教室
10月7日の人形町子ども将棋教室
IMG_1645_R_20171007234301913.jpg

小寺先生。
IMG_1649_R.jpg

長尾先生。
IMG_1648_R_201710072343043b0.jpg

松本先生。
IMG_1646_R_20171007234303de5.jpg

高橋先生。
IMG_1650_R_20171007234339936.jpg

総当たりのリーグ戦を行いました。
IMG_1651_R_20171007234341006.jpg

打ち上げは、上野の『土佐清水ワールド』で、ぶりしゃぶをいただいた。
IMG_1652_R_20171007234342ef7.jpg
日浦一郎八段 指導対局
19時過ぎに将棋連盟へ。師範棋士の日浦先生の指導対局を受講した。
IMG_1825_R_2017100520155493d.jpg


▲自分×△日浦一郎八段(飛車落ち)


最終受講者だったため、多面指しではなく、先生との直接対決になった。
日浦先生は八段、私は初段なので、駒落ちとは言え一対一では正直厳しい。

普段指している三間飛車ではなく、右四間穴熊を採用してみた。
中盤までは、がっちり穴熊に組ませてもらい、下手満足。
33手目の△9四歩に対しては、▲9六歩と受けて端攻めを緩和しておくべきだった。
43手目△8五桂に対して、▲6六角と上がったため、
次の△5五歩を▲同角と取らざるを得ない。
52手目の▲4五歩が疑問手で、▲5五銀と出るべきだった。
飛車も角も抑え込まれ、端を破られ、負け



お隣の鳩森神社では、毎年恒例の
「村上春樹先生 ノーベル文学賞発表カウントダウンパブリックビューイング」が開催されていた。
IMG_1823_R_201710052015556bb.jpg

今年のノーベル文学賞はカズオ・イシグロ氏が受賞し、
村上春樹先生は受賞とならなかった。やれやれ。
IMG_1828_R.jpg
10月4日 将棋部練習会
10月4日の将棋部練習会。参加者は10名。
IMG_1818_R.jpg

就職が決まった北出君。
IMG_1817_R_20171004235127e81.jpg

富士通の池田さん。
IMG_1816_R_201710042351258c6.jpg

中川さん。
IMG_1815_R.jpg

渡辺さん。
IMG_1811_R.jpg

岡村君。
IMG_1810_R_20171004235115330.jpg

私は北出君と、対居飛穴の三間飛車藤井システムを検討した。
▲4八飛と回った局面だが、さすがにここから△1二香と上がって穴熊に組む人はいないだろう。

北出君によると、5筋不突きの穴熊にはトマホーク、
△5四歩型には三間飛車藤井システムが有効だそうだ。
IMG_1807_R_20171004235111953.jpg

打ち上げはニュー新橋ビル地下の『西湖春』へ。
IMG_1819_R_201710042351229c3.jpg



指す将順位戦 A級2組 第6局
twitter上の将棋クラスタが集う、指す将順位戦
無題_R

昨日の22時に、相模氏と対局した。

▲自分×△相模氏


相模氏の四間飛車に、私は右四間飛車で対抗しようと思っていたが、
相模氏は角交換四間飛車を採用。
私は角交換型に強いボナンザ囲いを採用した。
拮抗していたが、60手目△4四飛に、▲6一角成と切って攻勢に出る。
最後は飛車も切って、必至の形を作り、勝ち
御徒町戦記
仕事帰りに、御徒町将棋センターへ。私の勤務先は新橋なので、御徒町には近い。
IMG_9538_R_20170508223246329_20171003223721e9c.jpg



▲自分 二段×△相手 三段



戦型は、私の先手石田流に、後手の中飛車左穴熊。
33手目に▲5六歩と突き返したが、飛車交換には応じてもらえず。
終盤、▲2三桂の吊るし桂を狙ったが、金で受けられてしまう。
自玉も薄くて危なかったが、最後は桂打ちが入り、勝ち
2017年 社団戦 団体個人戦での対局棋譜
2017年社団戦の団体個人戦での対局棋譜。4局を指した。
IMG_1760_R_20171001224459e7a.jpg


1局目 ▲自分×△相手


戦型は、私の後手三間飛車に、相手の矢倉。
8筋が破られそうだったが、56手目▲4四銀の押し付けが好手で、形勢がよくなる。
と金を拠点に王手飛車をかけ、勝ち



2局目 ▲自分×△相手


戦型は、私の後手三間飛車。
13手目△5四歩を見て、先手は居飛穴にするのではないかと思ったため、
NHK将棋テキスト10月号に佐藤和俊先生が執筆されていた、
『三間飛車藤井システム』を採用してみた。
そうしたら居飛車は穴熊ではなく、左美濃にされ、動揺する。
居玉がたたって、馬を作られ劣勢だったが、
78手目に▲5六桂と絶好の桂打ちが入る。
81手目△6八同歩成を▲同玉と取ったのは危険で、▲同角と取るべきだった。
金が2枚あるので、居飛車玉には詰めろがかかっているのだ。
長考して打った36手目▲3一飛が悪手で、ここは▲2三歩成、△同玉、▲2一飛とするべきだった。
最終盤は自玉に詰みがあったが、相手の時計が切れて、勝ちに。



3局目 ▲自分×△相手


戦型は、私の先手石田流に、後手の向かい飛車で、相振り飛車に。
34手目は△6四歩から矢倉にされると嫌だったが、
△7三歩だったため、浮き飛車で石田流本組みに。
53手目は▲3一角成を止め、▲4六角と引いてみたが、
やっぱり△4五銀と弾かれ、劣勢に。
73手目は▲8二銀と放り込んでみたが、
当然△同玉とは取ってもらえず、王手飛車かからず。
苦しい将棋だったが、84手目△5三桂で逆転。
89手目▲3三角成で飛車に当て、勝ち




4局目 ▲自分×△相手


戦型は、私の石田流本組みに、相手の居飛車銀冠。
37手目に▲9八香と逃がした手は緩手で、▲6五歩と仕掛けるべきだった。
6五歩の仕掛けから、飛車交換に。
53手目の▲5六同銀は疑問手で、▲6五桂と逃がすべきだった。
5二の銀はすぐには取らずに、成桂、角、香で中央を狙う。
82手目に△6六馬と出られ、自玉に詰めろがかかり、長考する。
▲6八金打と埋めたが、▲6八歩でも受かっていた。
87手目に▲2一龍と切り、勝ち


ここ2年間は、3-1、3-1で優勝を逃していたが、今年は4連勝で優勝することができた。
賞品にベルトを獲得しました。
IMG_1792_R_201710012349469c3.jpg

同じく4連勝した佐々木さんと、打ち上げの席で喜びを分かち合う。
IMG_1795_R.jpg

一昨日発売のぴあ『 山手線ひとり夜ごはん 』に、
佐々木さんのお店である有楽町の寿司店『立鮨葵』が掲載されているそうです。
d11710-631-590405-0_R.jpg

2ページ目に、佐々木さんの写真もバッチリ掲載されています。
d11710-631-151518-1_R.jpg
2017年 社団戦 団体個人戦
この日は、2017年社団戦の団体個人戦開催日。会場である浅草の産業貿易センター台東館へ。
IMG_1759_R_20171001221230a75.jpg

団体個人戦は欠席者もいるので、1フロアでの開催だった。
IMG_1765_R.jpg

福元さん。
IMG_1787_R.jpg

中村さん。
IMG_1764_R_2017100122143298f.jpg

成美さん。
IMG_1784_R_20171001221434470.jpg

秋浜さん。
IMG_1762_R_20171001221703ac2.jpg

田辺さん。
IMG_1778_R.jpg

北野さん。
IMG_1768_R_20171001221459402.jpg

宇田さん。
IMG_1770_R_20171001221458236.jpg

高橋さん。
IMG_1769_R.jpg

松本さん。
IMG_1788_R_20171001221740be7.jpg

4連勝するともらえる賞品のベルト。
IMG_1783_R_201710012216308ac.jpg

寺岡さんは、4連勝でベルトを獲得。
IMG_1779_R.jpg

小寺さんは、こども教室の生徒の引率で来ていた。
IMG_1789_R_201710012217416d5.jpg

打ち上げは、『ニュー浅草』へ。
IMG_1799_R_20171001221923d52.jpg

みんなで将棋を指しました。
IMG_1797_R.jpg

2次会は、隅田川沿いのカフェ『ムルソー』へ。
IMG_1804_R_20171001222103842.jpg

テラス席が貸切で、夜景が綺麗でした。
IMG_1801_R.jpg
山手線1周踏破ウォークラリー
この日は棋友を誘って、山手線1周踏破ウォークラリーを実施した。
初期メンバーは、企画に賛同してくれた渡辺さん、奈良さん、福田さんの4名。
スタートは東京駅丸の内中央口で、朝8時に出発。外回りで東京駅への帰還を目指した。

東京駅
tokyo_R.jpg

有楽町駅
IMG_0920_R_201710010637008e2.jpg

新橋駅
このあたりは駅間も短く、快調だった。
IMG_0921_R_2017100106370142a.jpg

浜松町駅
IMG_0922_R_20171001063658555.jpg

田町駅
IMG_0924_R_20171001064113f9a.jpg

品川町駅
IMG_0927_R_20171001064114b3a.jpg

大崎駅
IMG_0929_R_201710010641167e4.jpg

五反田駅
IMG_0933_R.jpg

目黒駅
IMG_0934_R_20171001064436764.jpg

恵比寿駅
IMG_0941_R_20171001064437295.jpg

ガーデンプレイスのアイス屋で、休憩をとった。
IMG_0938_R_20171001071843a47.jpg

渋谷駅
IMG_0942_R_2017100106443941a.jpg

渋谷で、小浦さんが合流してくれ、メンバーが5人になりました。
IMG_0948_R_201710010644408f6.jpg

原宿駅
IMG_0949_R_2017100106463374d.jpg

代々木駅
IMG_0951_R_20171001064635a5d.jpg

新宿駅
IMG_0954_R_201710010647295e3.jpg

小滝橋通りにある、新宿将棋センターを通過。
IMG_0955_R_20171001064731275.jpg

新大久保駅
IMG_0956_R_20171001064823b2e.jpg

高田馬場駅
IMG_0958_R_2017100106482439e.jpg

目白駅
学習院大脇の坂道で、奈良さんの膝の裏の筋肉が吊りそうになり、
薬局で湿布を購入し、加療する。
IMG_0960_R_2017100106490374c.jpg

池袋駅
広大な池袋エリアが、最大の難所だった。西口から東口には距離が長い。
我々は山手線の外側から内側を目指したが、距離を大きくロスした。

明日用事がある小浦さんは、ここで離脱となった。お疲れさまでした!
IMG_0961_R_201710010649051db.jpg

池袋の居酒屋で飲んでいた川崎先生と小池さんと合流し、メンバーは6人に。
IMG_0964_R_201710010650013f9.jpg

大塚駅
IMG_0967_R_20171001065057975.jpg

巣鴨駅
IMG_0971_R_201710010650597d8.jpg

巣鴨の喫茶店で、福田さんの応援に来た成美さんと合流。
メンバーに加わってもらった。
IMG_0976_R_201710010652501ce.jpg

やはり人数は多い方が、歩くのも楽しい。
IMG_0982_R.jpg

駒込駅
IMG_0984_R_20171001065501375.jpg

駒込には、囲碁将棋センターがありました。
IMG_0988_R_20171001065503bd2.jpg

駒込の洋食屋で夕食をとりました。
IMG_0989_R_20171001065531d81.jpg

田端駅
ここで、川崎先生と成美さんはパーティーを離脱した。
IMG_0990_R_201710010656015b1.jpg

西日暮里駅
IMG_0992_R_20171001065644bf4.jpg

日暮里駅
IMG_0993_R_20171001065646e7d.jpg

鶯谷駅
IMG_0994_R_201710010656475cb.jpg

上野駅
IMG_0996_R_20171001065739cf4.jpg

御徒町駅
IMG_0997_R_20171001065740064.jpg

わが心の故郷である、御徒町将棋センターを通過した。
IMG_0998_R_20171001065839d47.jpg

秋葉原駅
DK91Qd9VwAA56rG_R.jpg

奈良さんは足がつりそうで、相当につらい。
DK9zE5HUEAEeqEM_R.jpg

神田駅
DK94HNfVYAEgbG5_R.jpg

東京駅
開始から12時間で、ついに東京駅に帰還した。
DK9-q1iVYAA9_78_R.jpg

所要時間 12時間 
踏破距離 45.77km
歩数    6.1万歩
消費カロリー 2450kcal

かかと、膝、腰など、身体全体に痛みがひどく、この距離が限界に感じる。
鉄道の偉大さを痛感した。
4名で出発したが、脱落者が出なかったのがよかった。
1人での実施だったら、心が折れていた。

Tips

・9月末の実施はよかった。涼しく、体力の消耗が抑えられた。
・私はかかとから腰まであるスポーツタイツを着用した。
 筋肉の揺れを抑えられ、疲れにくくなる。マラソンランナーは必須で着用しているとのこと。
・念入りにコースを策定しなければ、距離にロスが出る。広大な池袋駅が難所だった。
・空いている道が望ましい。新宿などでは、多少遠回りでも裏道がオススメ。
・人数は4人くらいが適正。これより多いと、スピードに差が出てしまう。

「人類は、2つのタイプに分けられる。
 山手線を徒歩で踏破した者と、
 そうでない者だ。」


応援していただいた皆さま、ありがとうございました!
9月27日 将棋部練習会
9月27日の将棋部練習会。参加者は9名。
IMG_1755_R_20170927211541ee3.jpg

渡辺さん。
IMG_1756_R_20170927211542a1a.jpg

長島さん。
IMG_1758_R_2017092721154672e.jpg

阿部君。
IMG_1757_R_2017092721154780f.jpg



11/12(日)木村一基九段杯争奪将棋大会ですが、
A級10名、B級11名、C級18名のご参加をいただきました。
ご参加いただける方は、ぜひエントリーをお願いします!
御徒町戦記
仕事帰りに、御徒町将棋センターへ。通算165回目の訪問。
IMG_1751_R_20170926220049276.jpg


▲自分 二段×△相手 二段



戦型は、私の先手石田流に、後手も△4四歩と角筋を止め、
相振り飛車模様に出だしになった。
端歩から▲9七角と出て、後手に飛車を振らせない指し方を採用してみた結果、
後手を居飛車にすることには成功した。
51手目の▲6六歩は疑問手で、▲3四銀と出るべきだった。
飛車交換を迫り、70手目は△8五歩と飛車交換を拒否されたが、
△8六同飛、▲同角、△4五馬では、後手が指せていたようだ。
78手目△3六桂は怖かったが、しのいで勝ち



アメリカの社会学者が、サードプレイスという概念を提唱している。
・ファーストプレイス=自宅
・セカンドプレイス=職場
・サードプレイス=友人と集う居心地の良い居場所

であるそうだ。

都市生活者にとっては、このサードプレイスが精神の安寧を保ち、
創発性を向上できる重要な場所であるそうだ。
我々常連にとっては、この御徒町将棋センターはサードプレイスと言えるだろう。